お家でのお洗濯で洗いあがった洗濯したハズの黒いお洋服に白いスジが付いていた

液体洗剤を使っているにもかかわらずお洗濯の終わった黒いお洋服に白い粉の様な線が入っていたりするのはどうしてなの

はい、以前にご相談頂きましたお家でのお洗濯のご相談なのですが、洗った黒いお洋服に白い粉の様な線が入ってしまっていたとのご相談をお受け致しました。

これって実は結構あるご相談なんですね。

お家でのお洗濯で粉洗剤を使うと溶け残りそうなので液体洗剤を使って洗っているのに、何故か白い粉の様な線が入っている黒いお洋服。

どうしてこんな事になるのでしょう??

って、実はこれ。

洗濯槽の汚れ「槽にこびり付いた水垢」が原因だという事が非常に多いのです!

因みにご相談頂きました状況は7キロのドラム式洗濯機でして、使用する時にはにそんなに詰め込んでない状態でジェルボールを使ってお洗濯をしたとの事でした。

黒いお洋服以外のお洋服にはその白い粉の様な線へ確認出来なかった様ですが、それは見えにくかっただけで付いていたのかも知れませんね。

おはようございますオノウエです。

実際に洗濯槽のお掃除をして頂きましたところ、その後は粉の様な線は黒いお洋服でも入らなくなりましたとの事でした♪

 

洗濯槽内の洗浄をあまりしていない場合は洗浄時に取れた水垢が衣類に付着して乾くと粉の様に見える事があります

今までのご相談ではこの現象は特にドラム式洗濯機を使った場合によく起こっている様です。

最初は、可能性としたら冬の場合でしたら水温も低いので洗剤の溶け残りもおるかとは思いましたが、最近の粉洗剤はマイクロカプセルの性能も上がり溶け残りは殆ど無いと聞きましたし今回は液体洗剤で起きた事例でした。

ですので恐らく原因は洗剤ではなくて、洗濯槽内の汚れが何らかの形で溶け出してお洋服の特に白が目立つ黒いお洋服に付いて残ってしまった可能性があると思いました。

結果。

やはり!
洗濯槽内の洗浄をする事でその現象は起きなくなりました!!
ですので今回の場合はこれが正解だったと思います。

洗濯槽の洗浄剤はどのメーカーも殆ど同じ成分ですので高価な物である必要はありません。

ですが、その効果を最大限に生かす場合には洗濯槽に粉の洗濯槽洗浄剤を入れて、40度前後のお湯を使い層洗浄コースのボタンを押して洗います。

お湯はそれ以上の高温度で行いますと、排水ホースが耐熱性でない場合にはホースがひしゃげてしまい排水が出来なくなりますのでお気を付けくださいませ。

気になる場合には1度洗濯槽クリーナーで層洗浄を致しましょう♪

ではでは〜。

【もしもお家お洗濯やクリーニング店で取れないシミがありましたらのコチラまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。