お家お洗濯してもお洋服は時間が経つと襟ぐりや袖口がキイロくなってしまう事があります

クローゼットから出したお洋服をよくよく見ると部分的に黄色くなってしまっている事があります

はい、ほんの少しだけ付いてしまった食べこぼしや飲み物はその場で乾いてしまうと見えにくくなったりいたしますよね。

でもその薄かったシミが取り切れずにそのままになっております保管中に酸化(酸素と反応する事)してしまい濃く浮き出てきてキイロくなってしまう事があります。

そして時間をかけて浮き出てきたシミは時間をかけて取り除かないと中々取れないんですね。

よくあるシミ抜きのご依頼の1つがこの時間が経つ事により出てきた黄色いシミです。

おはようございますオノウエです。

黄色くなってしまったお洋服はその部分を部分的にしみ抜きを行って取り除く事が出来る場合もあります♪

 

ウールのお洋服の色が部分的に黄色くなっている場合には生地が弱っておりますので注意が必要です

シルクやウールの製品ですと製品自体がタンパク質で出来ておりますので、特に食べこぼしの汚れが付いておりますと変化致します。

シミと一緒に生地も酸化してダメージ受けてしまい変色しやすいんですね。

もしも変色したシミがお洋服の色よりも濃く出でしまっている場合にはかなりの時間が経ってしまった状態ですので糸が既に傷みきっており触ると穴が空いてしまう事もあります。

しみ抜きでは生地を傷めない様にしながら部分的に弱い効果の染み抜きから徐々に効果を上げていきます。

お家では何とも出来なさそうなシミを見つけた場合には是非ともご相談下さいね。

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。