取れにくい黒いシミの正体は空気中のスス等の粉塵や油や水が混じっている複合的な汚れなのです

固形の溶けない物質ですので物理的な力でカーボン(スス)を吹き飛ばすかくっ付けて取るという方法が最も有効と言う事になります

はい、ワイシャツを一日中着用しておりますと首回りが直ぐに黒ずんできたりは致しませんでしょうか?

実はソレ。

空気中に漂っている排気ガスや家庭排気や、タイヤの付いた乗り物のゴム等の粉塵だったり致します。

そして首回りや袖口等のお肌が直接触れる部分には必ず皮脂汚れが付いてしまいます。
それが糊代わりになりお洋服の首回りや袖口に付着して黒く汚れてくるんですね。

今回のシミ抜き事例はもっと物理的に何かに当たって付いた黒いシミとは思いますが、既に何らかの応急処置によって生地の内部奥深くに入ってしまっておりました。

おはようございますオノウエです。
カーボン系の固形物質の黒い汚れはむやみに触ってしまいますと取れにくくなる事があるんですね~。

 

 

細かく黒いススは汚れむやみに触ってしまいますとススの細かい粒子が繊維に入り込んで取れなくなってしまう場合もあります

水にも油にも溶けない黒い汚れを取り除く為には何にも溶けないので物理的な力で取る方法が有効です。

しかし、

生地を傷めてしまっては元も子の有りませんのでその辺は調整しながらじっくりとシミ抜き致します。

カーボン(スス)は炭素です。

ダイヤモンドも地中で圧縮され結晶になった炭素で出来ておりますので溶けませんが、分かりやすく言いますとそれと同じ固形物質です。

という訳で固形の溶けない物質ですので物理的な力でカーボン(スス)を吹き飛ばすかくっ付けて取るという方法が最も有効と言う事になります。

クリーニング屋さんにはそのカーボン(スス)を吸着させて衣類から引きはがし部分的に物理的な力を掛けながら洗う事によって取り除く事が可能なんですね。

今回も生地から薬品を使用してカーボン(スス)を薬品に吸着させてから、生地から引きはがし部分的にしみ抜きと洗浄を行いました。

結果取り除く事が出来ました♪
もしも取れないシミがありましたらご相談くださいね♪

【取れないシミをみつけたらご相談はこちらまでお願いいたします】

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。