スーツにこぼしてしまったコーヒーが乾いて見えにくくなったが気になるので何とかして欲しい

乾くと見えにくくなるコーヒーのシミですがそのままにして置きますと変色する可能性があります

はい、みんな大好きコーヒーですが、飲む時には気を付けないとこぼす事がありますよね。

今どきのコンビニやファーストフード店では蓋の付いたコーヒーを飲む事が多いですが、砂糖やミルクを入れた後にちゃんと蓋が閉まっていなかったり致しますとダダ漏れでこぼれてしまいます。

僕はたまにやります(笑)

もしも白いお洋服や淡色系のお洋服に付いてしまった場合ですとかなり目立ちますので、「絶対に取ろう!」と思うのですが濃色のお洋服の場合ですと少し濡らしたティッシュ等で拭いたら見えにくくなったので「もういいかな?」とそのままにする方もいらっしゃいます。

しかし、

ソコは水溶性のシミですから完全に取れない状態で時間が経ちますと、酸化(酸素の影響で色が変わる)して変色したり生地を傷めてしまう事があります。

おはようございますオノウエです。
ですので、コーヒーやジュース等の水溶性のシミは応急処置で見えにくくなっても、後にシミ抜きをしてシッカリと取り除きましょう♪

 

コーヒーを思って洗応急処置しても全く変化がない場合に考えられるのが「鉄錆び(サビ)」です

何時何処で付いてしまったか分からない場合の例えに茶色のシミならコーヒーや醤油やチョコレートでも付いてしまったのかな?と思われがちですが、よくシミと間違えられますのが「鉄錆び(サビ)」です。

「鉄錆び(サビ)」が付いてしまう状況としてよくありますのが金属ボタンが錆びていたり、どこかのクリーニング屋さんが洗濯表示やブランドラベルに付けたホッチキスが錆びて色んなところに付いてしまったケースが挙げられます。

錆びは一度ついてしまうとお家で取り除くのにはかなりめんどくさい部類のしみ抜きになりますので、「鉄錆び(サビ)」の様なお家では取れない赤茶色のシミを見つけた場合にはプロのクリーニング屋さんに見てもらって下さいね♪

今回のシミは完全にコーヒーのシミでしたので水溶性の処理の後に、茶色の色素を酸素系漂白処理まで行い取り除きました。

気になる場合にはご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。