五ミリぐらいの赤茶色のシミは醤油でもなくコーヒーでもなく鉄錆び(サビ)かも知れませんよ

お洋服に意外に付き易いシチュエーションが多くお家では取り除けないシミが錆び(サビ)のシミなのです

はい、例えばお洋服に付いている金属の部分と言えばチャックや装飾品などもありますが、意外に多いのがクリーニング屋さんでお客様のお品物を仕分ける為に勝手にお洋服に直接つけられるホッチキスの針です。

最近では洗濯表示やブランドラベルもお洋服の一部として認識されてきました。

ですが、お洋服の生地に直接安全ピンやホッチキスの針を付けたままでお客様にお返しするお店も少なからずまだまだその様な事例があるのが現状です。

おはようございますオノウエです。

実はそれらの鉄で出来ている安全ピンやホッチキスの針や装飾品はある程度は水に対して耐性があるかも知れませんが、いずれは時間が経つと錆びて赤茶色っぽくなりその赤茶色の色は他のお洋服に生地に付いてしまう事があるんですね。

 

金属が空気中の酸素や水分等によって化学反応を起こし変化してしまいますとお家で取り除く事はかなり困難になってしまいます

鉄錆は基本的にはお家でのお洗濯で出来る範囲ではお洗濯しても漂白しても取れません。
鉄以外にも金属の種類によって腐食した場合のはお洋服に付いてしまった錆(さび・サビ)の色は変わります。

例えば緑色の錆は銅に発生する緑青(ろくしょう)と言われる錆でして、大仏さんや自由の女神像が緑色なのもこの緑青でありブーツのハトメやリベット周りに出来るのがそうですね。

緑青は銅の表面に被膜を張り内部を腐食させない様にする働きがあるそうなのですが、勿論これもお洋服に付いてしまいますとシミになります。

一口に錆び(サビ)と言ってもオレンジ、赤、黄色、茶色、赤茶色等の色んな色がありますので、もしもこれらの色のお家のお洗濯では取れないシミがありましたらそれは錆(サビ)かも知れません。

お家では落とす事が困難な錆(サビ)ですが実はクリーニング屋さんには錆(さび・サビ)には錆専用の染み抜きに対応している薬品があります。

お家では取れないシミは無理はせずに是非ともご相談下さいね♪

ではでは~。

【お近くにご相談出来るクリーニング屋さんが無い場合には染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。