チャック周りは金属反応により生地色が変化したり錆が発生して赤茶色のシミが付く事があります

特に黒色や紺色のお洋服の場合には金属ボタンや装飾等のある部分は色が変化しやすい

はい、画像では分かりにくいですが金属で出来ているチャックやボタンや装飾品等は腐食する事によって、金属が反応してしまいお洋服の生地にその成分や色が付いてしまう事があります。

今回のような白いお洋服の場合には金属腐食による錆が発生した場合にはかなり取れにくくなります。

色柄物や濃色のお洋服の場合には色(色素)が赤茶色に変色してしまいます。

おはようございますオノウエです。

対応策としてはお家では難しので、白い衣料の場合にはクリーニング屋さんの特殊技術である「特殊部分染み抜き」で対応して、色柄物や濃色のお洋服の変色の場合には「色修正(染色補正)」が有効になるんですね。

 

お洋服付いているチャックや金属装飾品周辺は生地にも色にもダメージが起きやすいく生地が擦れて毛羽立ったり色が変化してしまったりするケースが発生致します

黒色やのお洋服の場合には生地が変色して赤くなってしまったりするのですが、この現象はお洋服に金属と生地が一緒に使用されている限り多かれ少なかれ起こってしまいます。

金属は水分と触れますと反応しやすく生地に使用されている染料の種類によって特に変化しやすい色もあります。

金属反応等は防ぎ様はありませんが色変化が起こってしまった後の対策は可能ですのでお声掛け下さいね。

今回のチャックの金属部分は白いスカートの腰部分になりますのでお肌に直接触れやすいです。

その場合には汗や皮脂の汚れが付いたままで時間が経っている場合が多く、保管中の温度や湿度等の影響で金属と反応して赤茶色のシミになってしまいます。

上着を着用すれば見えない部分ではありますが出来れば何とかしたいですよね。

もし今回の様なお気に入りのお洋服の色が変わってしまったり抜けてしまったら、そんな時には直ぐにお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

色が抜けてしまったの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す