白いお洋服の襟周りが黄色くなって変色していませんかそれ何とかなるかも知れませんよ

※右がビフォーで左がアフターです

汚れが付着したままの時間が長時間続いてしまいますと汚れが酸化してぢまい生地を徐々に傷めて変色させてしまいます

はい、よく質問されるテーマなのですが、
「着た後にお洗濯か?着る前にお洗濯か?どちらがいいのでしょう?」
と言う事をお伺いする事があります。

正解から申しますと着た後に出来るだけ早くお洗濯するのが望ましいです。

襟や袖部分には生地が直接お肌に触れますので、汗や皮脂汚れが付きやすいですから着る前に洗うとなりますと当然の事ながら汚れている状態で放置する事になります。

そんな状態は下着だとまずありえないですよね。

おはようございますオノウエです。
下着なら夜に着替えて朝に洗濯という事もありますが、スーツや礼服は次に着るのが何時になるかも分かりませんからね。

お洋服を長持ちさせたい場合なら「着たら洗う」という事を心掛けて、着た後は出来るだけ早めにクリーニング&シミ抜きを行いましょう。

※左がビフォーで右がアフターです

※左がビフォーで右がアフターです

※上がビフォーで下がアフターです

この様に時間が経ってしまいますと汚れや黄ばみが取れにくくなり、いざ取ろうとした時にはしみ抜き代金も高額になってしまいますので日々のクリーニングが大事です。

シッカリと着用後の汚れやシミを落してからクローゼットでゆっくりしてもらって下さいね♪

ではでは~。

【もしも取り切れない汚れやシミを見つけた時にはこちらまでご相談くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。