お気に入りの白いパンツに付いていた覚えのない黄色いシミを発見!かなり古いですけど取れますか?

 

お洋服の古いシミは材料と手間とリスクを考えるとお家での処理では無くクリーニング屋のプロに任せるのも選択肢の一つです

はい、永遠の定番である白いパンツやホワイトデニムですが白色なので少しでも汚れるとかなり目立ってしまいます。

ですが、繊細なお洋服ほどそうなのですが着用をする場合には常に綺麗な状態を保ち使用する事が出来ればかなりのオシャレになります。

ちなみに白いお洋服は汚れると目立ちやすいですが良い所は汚れやシミが明確に分かりやすく色落ちの心配も起こらないと言う事です。

しかし白い顔料染めは違います。
白い色を上から付けておりますのでダメージを受けますと白色が剥がれてしまいます。

おはようございますオノウエです。
でも白い顔料で色修正(色補正)すれば目立たなくなりますのでそういう意味ではやはり白色はクリーニング屋さんにとってもケアしやすい色なんですね♪

 

 

白いパンツに汚れが付いたりシミが付いたり色が移っていても結論から言いますと生地にもよりますがほとんど取る事は可能です

生地は動物繊維や植物繊維のウールや綿ですと特に汚れが付いたりシミが付いたり色が移っていても殆どの場合には取り除く事は可能なんですね。

生成りのお洋服の場合には変に触ってしまいますと生地の色が白けたりする事もありますから要注意です。
触らずにお近くの信用の出来る実績あるしみ抜きが出来るクリーニング屋さんに相談致しましょう!

ただ、動物繊維や植物繊維落としやすいですが化学繊維であるナイロンやポリエステルの場合には色が浸透してしまっておりますと取れにくい場合があります。

化学繊維に浸透してしまいますと「青色のペットボトルの青色を抜いて透明にして下さい。」と言うのと同じぐらい難しいんですね。

そんな時にはもうリフォームで対応するか最悪ロールアップで対応致しましょう!

今回の白いパンツの部分的な黄色いシミは綺麗に取る事が出来ました。

ちなみに濃色のパンツの場合にはシミは目立ちませんが触ると色落ちを起こしやすいので決して擦ったりはしないでくださいね。

衣類にダメージが残るのと生地の色が取れてしまい色修正でしか直せなくなりますのでしみ抜きで済む様な状態でそれ以上の応急処置は控えましょう♪

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも郵送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。