古そうな金色がかった黄色いシミが発生しているお洋服の場合にはかなり生地が傷んでいる可能性がありますので気を付けて下さいませ

保管中に襟ぐりや袖口に点々と黄色いシミがポツポツと、実は保管中にシミが浮き出てきてキイロくなってしまう事は意外に良く起こるんですね

はい、無かったはずのシミが出てきている経験はございませんでしょうか?
実際にその現象は起きます。

その現象の起きやすいお洋服の特徴は「水洗いが出来ない」お洋服に多いのです。

保管中にシミが出てくる原因はクリーニング店のクリーニングやお家のお洗濯で取り切れていない汚れが、その時には見えないのですが後から時間が経ってきて変色したりしてシミが浮き出てくるんですね。

クリーニング店のクリーニングはドライクリーニングと言われる「油」落としに強い「水」を使用しないクリーニングですので水溶性の汚れは完全には落ちません。

お家でのお洗濯では「水」しか使用致しませんのでクリーニング店とは逆に「油」汚れを完全には落とす事が出来ません。

実はそれが後から浮き出てて来るシミの原因なんですね~。

おはようございますオノウエです。
水洗いが出来ないとほとんど水溶性の汚れは殆ど落とす事が出来ません。
ドライクリーニングでは油性の汚れは殆ど落とす事が出来ません。

これってクリーニングとお洗濯の永遠のテーマですね。

長期保管中にシミが浮き出てきてキイロくなってしまう事は取り切れていない食べこぼし等の「油性」や「水性」の汚れが後から出て来てしまうからなのです

実は意外に良く起こる現象なのですが、起きやすいお洋服は水を使って洗えない様な購入時の価格が高価なお洋服の場合が多いんですね。

特にインポートブランド品のお品物や購入価格が10万円を超えるお洋服です。

10万円を超える様なお洋服の中はお家でお洗濯出来るお洋服も少なく、もしもお家でお洗濯出来たとしても縮みや型崩れを起こしてしまいその状態から着用レベルまで成型して仕上げる事はお家では困難です。

ですので、基本的にはクリーニング店でも特別なメニューのコースを選択しない限り、水洗いの出来ないお洋服に対して水洗いを行う事は殆どありません。

ですが、やはり季節の変わり目などの衣替えの時期には汗や食べこぼしの汚れもシッカリとメンテナンスをしておきたいところです。

そんな時には、特別なコースがクリーニング店には存在致しますので、水洗いの出来ないお洋服でも水を使っての汚れ取りに対応出来るコースを選んで下さいね。

たまにドライクリーニングで汗汚れを取るとのクリーニングコースがありますが、先ほど申し上げました通り「水を使わないドライクリーニング」では水溶性の汚れは殆ど落ちませんのでお気を付け下さいませ。

今回の様に後から出てきた黄ばみやシミでしたら、シミがある事に気が付いてからでもしみ抜きは可能ですのでその時にはお声かけ下さいませ♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。