お洋服の襟元には汗の成分が付いた上に擦れも発生致しますので生地の色が変色しやすい部分です

1度でもお洋服を着用すれば襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には、直接お肌が触れていますと少なからずとも汗の成分や皮脂汚れが付いてしまいます

はい、お洋服は一度でも着用致しますと着用時間に限らず目には見えませんが少なからずとも汗が付いたり擦れ等のダメージが発生致します。

その状態で時間が経ちますと黄色くなったり等の変色等が発生致します。

汗等の水溶性の汚れはつて直ぐになら水を使って洗えば殆どが取れますが、1度黄色等に色が変色してしまった場合には中々取れなくなってしまいます。

おはようございますオノウエです。

汗や皮脂汚れは付いて直ぐの場合には見た目に分かりにくいですが時間が経つと皮脂汚れや汗が変化して目に見える様になります。

ですのでその状態になりましたら、そのままですと生地が傷んでくる兆候なので早めのしみ抜きをオススメ致します。

 

変色(色素が変化して色が変わった状態)や退色(色素が何らかの影響で抜けてしまった状態)等が起こってしまった場合には部分的に対応して直す事が必要になります

シミが付いてしまっている状態で更に時間が経ってしまいますと、更にシミが落ちにくい変色に変わってしまい、生地の表面にある色(色素)にまでそのダメージが発生致します。

シミと言うのはまだお洋服の生地に乗っかっている状態であり、生地自体にはダメージがさほど起きていない状態です。

しかしその後に時間が経ち変色(色素が変化して色が変わった状態)や退色(色素が何らかの影響で抜けてしまった状態)等は、もう既にシミの状態ではなく生地や色(色素)が傷んでしまっておりますので生地や色(色素)の修正という事になります。

シミは外部の影響で何かが付着している状態ですが変色や退色は生地自体がから発生している状況です。

人間で言いますと擦り傷なら時間が経てば直りますが、手術を必要とする状態の場合にはそのままにしていても治りません。

そんな状態なんですね。

特にエリや袖口のお肌に触れやすい部分は汚れと共に摩擦によってスレも発生致しますので、部分的に色素が変化して黄色くなったり色素が抜けて色が無くなったりして変色してしまいます。

汗は乾いてしまうと見えない状態になりますが成分は残っておりますので、時間が経つとさらに成分が凝縮され繊維や染料にダメージを与え続けるのです。

 

保管中にシミが浮き出てきた時はお洋服からは黄色信号が出ている状態で、変色したり色が無くなったりした時には既に赤信号でで色を直す為の色修正と言う技術が必要です。

お値段も修正の時間もそこそこかかりますがそれでもお洋服が直ればまたお気に入りのお洋服が着れる様になれば嬉しいですよね。

と言う訳で、「お洋服のお困りごとのご相談はこちら♪」です!

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。