お家での染み抜き時に取り切れない「あともう少し何とかすれば何とかなるかも??」は実は一番危険な状態なんですね。

スーツには表生地と裏地の二種類の生地が使われていますので表生地のインクが取れても裏地に付いたインクが取れにくくなる場合もあります

はい、今回お預かり致しましたのはスーツの背中に付いてしまったインクのシミ取りなのですが、どの様な経緯で付いてしまったのかは分かりませんがインクが染み込んで裏地にまで色が出ておりました。

表の生地はウール100%ですが裏の生地はポリエステル100%でした。
たまに袖等の裏地には肌触りを良くする為にキュプラやシルクなども使用されている場合もあります。

ウールやポリエステルに付いてしまったインクに対しては、非常に多くお洋服に使用されている生地ですので事例も多くいろんな染み抜き方法がありますので非常に取り除ける可能性は高いのです。

ただし、キュプラやシルクは非常にデリケートですのでインク等が付いてしまいますとかなり用心しないと生地を傷めてしまったり色を変化させてしまう事がありますので要注意です。

おはようございますオノウエです。
この様に二種類の異素材の生地に渡ってシミが染み込んでいる時には、染み抜きの際には気を付けないと余計にダメージを与えかねませんので染み抜きの出来るプロのクリーニング屋さんにお願いいたしましょう♪

 

プロのクリーニング屋さんではいろんな成分に対する専用の薬品がありますのでピンポイントにそのシミをほとんどの場合は取り除けるんです(※全てのクリーニング屋さんがそうではありません)

どうしても自分で染み抜きをやってみようと思います場合には、実際に見えない部分や目立たない部分で少しだけ生地の変化がどの様に起こるのかの染み抜きのテストをしてから染み抜きにチャレンジ致しましょう。

もしもやってみて2回目のチャレンジで落ちそうになかったら、もうその時にはその後には触らない様にしてプロに見てもらいましょう。

お家で取れないシミをクリーニング屋さんに持ってこられた状況の大体の場合は、まず洗剤の原液を付けて擦ってから洗ってみたりその後に漂白をしたりする場合が多くみられます。

酷い状態になりますとシミが広がっていたり生地の地色が薄くなってしまっていたり致します。

中でも一番問題になってしまうのはお洋服に塩素系漂白剤を使用してしまい脱色や変色を起こしてしまっている事です。

「もう少し何とかすれば何とかなるかも??」、
実はそう思う時が一番危険な時なんですね。

大体の場合には、
「あ~あの時に止めておけばよかった。。」
と後悔する確率の方が高いです。

染み抜き時に取り切れないシミの「あと少し!」は現状の方法ではこれ以上取れなくなっているシミです。
ですので、同じ方法をしても生地を傷めたり色を変化させてしまう事の確立の方が高いんですね。

その時にはもう触らずにシミ抜きの実績があるクリーニング屋さんで「有料シミ抜きで」と伝えて、常日頃から勉強している経験もあるプロにお任せ致しましょう。

近くにクリーニング屋さんがない場合にはクリーニングISEYAのオノウエにお声かけ下さいませ。

「お家で取れなかった汚れやシミのお問い合わせフォームはこちら」

大事な一品なら自分で触ってしまう前にまずはプロにご相談くださいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。