濃い色のジャケットの襟元が擦れや汗が原因で変色して白くなっていたり赤くなっていたりはしていませんか?

濃色のお洋服の場合には擦れや汗の成分による脱色で色が変化したり色が抜けたり致しますと白くなったり赤くなったりする場合があります

はい、お気に入りのお洋服の襟部分の色が薄くなってしまったり、白くなってしまったり、赤くなってしまってはいませんか?

色が変化するのには理由があります。

色が薄くなったり白っぽくなってしまうのは、お肌やインナー等の擦れにより物理的なダメージが発生して生地の糸の表面の色が削れて無くなってしまうからなんですね。

因みに赤くなってしまう主な理由としては、汗の成分により時間が経ち弱くなっている色素が抜けてしまったり化学変化して赤くなってしまったり致します。

おはようございますオノウエです。
殆どの場合にはこの様なお洋服の状態になってしまいますと、もう、捨てるという選択肢しか残っていないと思われがちです。

しかし!
実はこんな状態のお洋服でも、まだまだお直しして着用する事が出来る可能性があるんですね!!

 

「お気に入りのお洋服だけど色が変になってしまったしもう捨ててしまおう。。」っと、そう考える前に!お洋服を再び着用出来る様にする方法がまだあるかも知れませんよ

実はですね。

あまり知られていないのですが、その様な状態になってしまったお洋服の無くなってしまった色を足して復活させる特殊技術があるのです。

その特殊技術の事を、色修正(染色補正)と言いまして変色した部分だけを目立たなく修正して問題なく着用出来る様にする事が出来る特殊技術なんですね。

色修正(染色補正)

無くなってしまった色をもう1度入れる事で、お洋服を再び着用する事が出来る様にする技術です。

例えば、生地も穴が空いている訳でも破れている訳でもないお洋服であれば、色の変化した問題の部分さえ何とかすれば着用できるのです。

要は、その変色した部分だけを目立たなくすれば問題解決になるという事ですよね。

はい!
今回お預かりした濃色のお洋服の襟の様な変色でもこんな感じに直す事が可能なんですね♪

ただし!

礼服の様な生地目が細かい濃い目の黒や紺色の場合には、白色や赤色は見えなくなるのですが光の反射によりテカって見えてしまうケースもあります。

それでももう着用する事が出来ないと思っていたお洋服が、元の状態近くまで再生されてまた着用出来たらうれしいですよね。

お洋服を復活させる事が可能な技術。

もっと沢山の方に知って頂きたいですね♪

この色を復活させる特殊技術の色修正(染色補正)という技術は、全国でも限られた少数の方々しか出来ない特殊技術です。

知らない方も多いのですが、もっと色んな方に知って頂いてお洋服達が捨てられない様になればいいな~と思います♪

ではでは~。

〇当店へのネットでのご依頼はこちらからよろしくお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。