後から出てくるシミは時間が経って保管環境により変化したのが原因ですので保管する前の対策が必要になるんですね

目立ちにくい少しの残った取りきれていないシミでもその後に時間と共に変化して濃い色になり顕著にシミが現れて来ることもあります

はい、お洋服でシミや汚れの目立つ色と言えば白いお洋服ですよね。

ほんの小さな黄色くなっているシミの大半は、部分的に取りきれてない食べこぼし汚れが変化したシミの場合が特に多いです。

気が付かない間に飛んでしまったお食事時のスープやソース等が時間が経ってしまいますとお洗濯をしても完全には取り除けない事が多いですのでそれが保管中に浮き出てくるシミの元になります。

保管中に黄色く点々と浮き出てくるシミは完全には防ぐ事は出来ませんが予防策を行う事は可能です。

それはドライクリーニングにプラス特殊水洗い等のクリーニング屋さん独自による洗浄方法です。

洗っているのに取り切れなかった汚れやシミの殆どの場合が、時間が経って保管環境により変化した食べこぼし等の汚れが原因ですので保管する前の対策が必要になるんですね。

おはようございますオノウエです。

もしも通常のお洗濯では完全に落とせなかったシミを見つけましたら、その時点で特殊染み抜き等のコースを選択して長期保管のお直し前にシッカリと取る事をオススメ致します♪

 

もしも保管中に黄ばみやシミが浮き出てきたらそれは通常のお洗濯では落とせなかったシミです

通常のお洗濯とはお家では「水洗い」の事を示し、クリーニング屋さんでは「ドライクリーニング」の事を指します。

ですので、

〇水洗いで落ちない汚れ(油性の汚れ)
⇒ドライクリーニングや特殊染み抜きで落ちる可能性がある。

〇ドライクリーニングで落ちない汚れ(水溶性の汚れ)
⇒水洗いや特殊水洗い(ウエットクリーニング)や染み抜きで落ちる可能性がある。

https://onouenoboru.com/より抜粋

ザックリですがこの様な感じになります。

しかしながら、時間が経ち浮き出て来て見える時点で既にそう簡単にはシミが落とせない状態になっている事が多々あります。

特に黄色いシミは一番取れにくくその中でも蛍光っぽくテカって見えるシミは要注意です。
その場合には既にシミが変化してしまい生地をも傷めてしまっているからなんですね。

そこでムリをしてシミを取ろうとしてしまいますと生地が溶けたりして穴が空いてしまいます。

今回の保管中に浮き出てきた黄色いシミのしみ抜きは特に生地にダメージも無く取り除けました。

今回の様な化繊(かせん⇒化学繊維の事)のポリエステル製品等は生地の傷みは少ないですが、ウールやシルクはタンパク質で出来た動物性の繊維ですので痛みやすく変化も出やすいです。

綿や麻などの繊維も湿気を含みますと全体的に黄色くなってくる事もあります。

現在保管中のお洋服を今一度チェックして見て、もしも汚れやシミを見つけたのなら出来るだけ早く対処致しましょう♪

【保管中に浮き出てきた黄色や茶色のシミ抜きはこちらまでご相談下さいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。