黄ばみが簡単に落ちない理由は最初のお洗濯で油成分である油膜を落とし切れていない事なのかも知れませんよ

酸素系漂白剤を効果的に使用するにはお洗濯で油汚れをシッカリと取り除かないと酸素系漂白剤はその効果を発揮出来ません

はい、実はですね。

汚れやシミを効果的に取り除く為にはその手順には順序があり、その工程の一つ一つをシッカリと行わないと後に行う作業の効果や結果が変わってくるんですね。

どんな事を行うにしても前準備や知識は必要になってきます。
それはお家でのお洗濯でも同じです。

お家でのお洋服のシミで代表的な一番落ちにくくよく残ってしまう色のシミは黄色のシミですよね。

黄色と言えば突発的に付いてしまったカレー等の食べこぼしのシミがありますが、そもそもカレーの成分には当然の事ながら油分が入っております。

ですので、生地の表面に付いた時には水よりも比重の軽い油分がシミの一番上にくる事になります。

その油分が油膜となって生地に付いた汚れやシミごと覆いますので、その油の油膜を最初に出来るだけ取り除かないとその下にある汚れやシミや黄色は簡単には取り除けなくなるんですね。

おはようございますオノウエです。

生地に洗剤を浸透させる為には先ずは油膜を取らなければならないので、水と油の境目を無くしマヨネーズみたいに混ぜ合わせる事の出来る界面活性剤が洗剤には沢山入っているんですね~。

 

お洋服の生地に取り切れていない油分の膜がありますと黄色い色を取り除くのに効果的な酸素系漂白剤はその効果を存分には発揮出来ないのです

襟元や袖口や脇に付いてしまった汗が時間が経ち黄色く変色してしまった黄ばみ等も簡単には落ちません。

元はと言えば人間の皮脂汚れの脂であり、その油分の膜が取り切れないままに洗いあがってしまし時間が経ってしまうのが原因です。

特に気になる襟元や袖口に付いている油分や食べこぼし等によるシミには、洗う前にひと手間の下ごしらえを行う事で洗いあがりの結果が変わるぐらい有効な事もあるんですね。

下ごしらえの簡単な方法としては少しだけ綿棒に付けた台所用の中性洗剤をシミに塗り付けて、その後に時間を置かずに直ぐに洗って生地に部分的に付いている油膜成分をピンポイントに強力に除去する事が出来ます。

勿論の事、色柄物のお洋服に付いた「黄色いシミ」を取る場合には、お洋服の色が薄くなったり滲んできたりする事もありますので見えない部分で試してから致しましょう。

擦ったりすると直ぐに色が変化してしまうお洋服もありますのでお気を付けて下さいね♪

今回のお家では取れなかった黄色いシミも綺麗に取り除く事が出来ました。

お家でもクリーニングの染み抜きでも行う手順は変わりませんが、使う洗剤や薬品や機械と知識によりお家では再現出来ない仕上がりを実現する事が出来るんです。

もしもお家のお洗濯で取れなかった「黄色いシミ」がある場合には、是非ともシミ抜きの出来るクリーニング屋さんお任せくださいませ♪

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。