会社支給品の制服やユニフォームにお家のお洗濯で付いてしまったググって調べて試しても取れないボールペンのインク

会社の支給品で替えの無い制服やユニフォームに誤ってインクが付いてしまったお家では対処不可能なトラブル

はい、お家で起こってしまうボールペンのインクによるトラブルは何と言っても、ポケットにボールペンを入れたままで洗ってしまいボールペンが分解して芯の部分から大量にインクが漏れ出てお洋服に移ってしまう事です。

特に現場作業の方は常にポケット内にペンが入っている事が非常に多いんですね。

ワイシャツの様な薄手のシャツなら気が付き易いのですが、作業着や制服のジャケット等の場合には生地も分厚い物が多いので気が付かずに洗ってしまう事もあります。

もしもこんな事が起こった時にはどうされておりますでしょうか?

ボールペンのインクならグーグル等の検索で「お洋服 インク取り 洗濯」等のキーワードを入れれば色んな取り方が出てきます。

まず考えられるのがアルコールやエタノールを使用して色を取る事ですがこれはあくまでもボールペンのインクが少し擦れてしまった場合等の少量の時です。

おはようございますオノウエです。

インクが赤っぽいぐらいに濃く付いてしまった場合には、触りますと逆に広がったり薄くなっても取り切れないシミに変化してしまいますので触る時にはご注意くださいね。

 

表側から一か所にしか付いていない様に見えるインク以外にもポケットの中を確認致しますと見えない部分の裏地にインクが大量に付いている場合があります

表側からは少し滲んでいる様に見える程度のインクの染みでも、その部分がポケット周りの場合にはポケットを裏返して見ますと大量にインクが付いている事があります。

でも考えてみればそうですよね。

ポケットの中にボールペンを入れているのですから、当然にボールペンのインクはポケット内からの流出が考えられます。

インクの色が濃い赤色に見える場合には触ると一気に広がってしまう可能性がありますので、そんな時には何も触らない方が無難です。

お家では不可能ですがプロが使用するしみ抜きの機械はインクがそれ以上に広がらない様に生地を強力なバキュームで吸い込みながらしみ抜きを致します。

ですので大量のインクが滲んで付いてしまってもその部分からそれ以上にインクが広がってしまうのを抑えながら染み抜きを行う事が可能なんです。

ボールペンのインクを取り除こうと思ったら、お家で作業を行ないますともう気の遠くなりそうなほどの手間が掛かった上に完全には取り切る事が出来ない場合が多いです。

もしもご家庭での自己処理で石鹸で擦ったり漂白しても取り切れないシミが残ってしまいましたら一度ご相談下さいませ。

一点物のお洋服や制服でしたらなおの事ご相談くださいね。

しみ抜きが出来るクリーニング屋さんでは常日頃から勉強している経験もあるプロが対応致しますので、お家では落とす事の出来ないシミを殆どキレイに取る事が可能です。

最終的にはシミが取れればいいので悲観せずに諦めてしまう前にしみ抜きの実績のあるクリーニング屋さんにて、

「有料シミ抜きでお願いします!」とお伝え下さいませ。

近くにクリーニング屋がない場合にはクリーニングISEYAのオノウエまでご連絡下さいね。

「お家での染み抜きやクリーニング店での染み抜きで落ちなかった染み抜きのご相談はコチラ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。