お洋服に付いたままの安全ピンにはご注意を!鉄がサビて取れにくいシミが付いてしまうかも知れませんよ

お洋服に安全ピンやホッチキスの針が付いたままですと生地にオレンジ色や黄色の錆(さび・サビ)が発生して普通に洗うだけでは取り除けない状況になります

はい、例えばお洋服の丈が大きかったりする部分に応急処置で安全ピンを使用して生地を止めたりする事はありませんか?

おしゃれ小物で大きめの安全ピンの様なアクセサリーをお洋服の生地に付けて着用する事もあるかと思います。

他にも、クリーニング屋さんにクリーニングで出された時に洗濯表示タグにホッチキスを使ってクリーニング屋さんの番号や文字の入ったタグが付けられている事もありますよね。

これらは殆どが鉄で出来ている場合が多くホッチキスの針や安全ピンが時間と共に劣化して錆(さび・サビ)てしまい、他のお洋服の部分に錆が付いてしまって取れなくなってしまうシミが発生する事が非常に多いのです。

おはようございますオノウエです。

お家でのお洗濯で洗っても取れないオレンジ色や黄色のシミの原因は錆(さび・サビ)の可能性があります。
しかも錆はくっ付いている部分から他の部分に移るんですね。

もしも、お洋服に金属製の付属品や金属製ファスナーや小物やデニム等に付いている金属製のリベット等が錆びていたら、他のお洋服の生地に錆の色が移ってしまう可能性もありますので早めに取り除きましょう!

 

金属製のピンや針や小物がお洋服に付いている場合には錆の様なシミが発生する弊害が出てしまう前に出来るだけお洗濯やクリーニングの時には取り外してから行う様に致しましょう

金属製と言えばファスナーもそうなのですが、金属は空気中の酸素や水分などによって酸化(化学反応で変化した状態)して腐食いたしますのでその時に茶色や緑色の錆が発生致します。

緑色の錆は銅に発生する緑青(ろくしょう)と言われる錆です。
大仏さんや自由の女神像が緑色なのもこの緑青です。

緑青は発生する事により銅の表面に被膜を張り、内部を腐食させない様にする働きがあるそうなので長い時間腐食ぜずに原型を保つ事が出来るんですね。

でもお洋服にとってはただのシミになります(笑)

先ほどにも説明いたしましたが色は、オレンジ、赤、黄色、緑、茶色等色んな色に変化してしまいます。
これらがお洋服の生地に付いてしまいますと非常に厄介なんですね。

錆が一度お洋服に付いてしまいますとお家のお洗濯で取り除くには、花王さんのハイドロハイター(還元系漂白剤)が有効ではあります。

ですが、水洗いする事が可能な白いお洋服にしか使用出来ませんので取り除くには若干ハードルが高いと言えるでしょう。

今回お受けいたしましたお洋服はに付いてしまった錆(さび・サビ)は、錆び取り専用の薬品を使用して温度を掛ける事によってピンポイントで落とす事が出来ました。

もしもお洋服に取れないシミを見つけたら錆(さび・サビ)の可能性も高いのでご相談下さいね♪

ではでは~。

「お洋服に付いたお家では取れないシミのご相談はこちらまでご連絡くださいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。