寒くなってきた時期に多いシミ抜きがクローゼット保管中にシミがキイロく浮き出てきてしまった事例です

頻繁にあるしみ抜きのご依頼の1つがクローゼットに直す前には付いているのか分からなかった黄ばみ取りです

はい、目立つお洋服として特に多いのは淡色系のお洋服です。

今回の様に白い生地のお洋服の場合には、少しでもタンパク質である食べこぼしの汚れが取り切れずに付着しておりますと保管中に変化する場合があります。

その目には見えないぐらいのシミが保管中に水分を含み空気と触れている状態ですと酸化(酸素が反応する)して黄ばみ等を発生させます。

おはようございますオノウエです。

しかし、前兆はあります。

生地をよく見て見ますと恐らく若干他の個所と比べた場合に色が変化して黄色っぽく見えたりするはずですが中々対応出来にくいのが現状なんですね。

 

黄ばみを起こさない様にするには「油溶性汚れ」の皮脂油と「水溶性汚れ」の食べこぼし等を長期間保管する前に取り除く事が重要です

例えばお家では毎日洗っているのにお洋服が黄ばんできたという場合には「油溶性汚れ」を完全に取り除けていない状態なので皮脂油等が酸化して黄ばみになると考えられます。

着たらクリーニングに出している場合も同様に「ドライクリーニング」だけでは「水溶性汚れ」が殆ど取り除けていない状態ですので水溶性のタンパク質が酸化して黄ばみになると考えられます。

ですので、一番良い方法は「油溶性汚れ」を取り除くドライクリーニングと、「水溶性汚れ」を取り除く水洗いを両方する事なんですね。

しかしながらお家では「ドライクリーニング」を行う事は絶対に不可能です。

なのでクリーニング屋さんでのプロのメンテナンスが必要になってくるのです。

ですが、何も言わずにクリーニング屋さんにお洋服を預けた場合には殆どの場合が「ドライクリーニング」だけを行うか、もしくは「水洗い」だけを行うかのどちらかになってしまいます。

両方してもらうには預ける時に「ドライクリーニングと水洗いの両方が出来るコースはありますか?」という必要があります。

お店によっては「W(ダブル)クリーニング」や「復元クリーニング」等のネーミングで選べるコースがありますが、あくまでもドライクリーニングと水洗いの両方を行う事が必要ですのでそのコースの内容をシッカリと聞く必要も発生致します。

お店によってはその様なネーミングでも水洗いをしない場合もありますから注意が必要ですね。

今回のお洋服のシミは「油溶性汚れ」も「水溶性汚れ」も「黄ばみ」も全て取り除きましたので黄ばみ等の再発の可能性は殆ど無いと思います。

もしもよく分からない場合には僕にご相談下さいね♪

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。