襟元や袖口や脇の部分に知らない間に発生してしまう黄ばみは中々お家では取れない場合が多いです

お家でのお洗濯でどうしても落ちない様な黄色いシミは酸素系漂白剤での漂白が必要になってきます

はい、今回の染み抜きは非常によくある脇部分と肘部分に出来た黄色いシミや変色を取り除くご依頼です。

汗をかき易く摩擦も起きやすいお洋服の関節部なので、生地負担も大きくこの様な脇部分や肘部分に出来る汗による変化した黄ばみが発生しやすいんですね。

お洋服の生地は一度黄色くなってしまいますとそう簡単には取れにくくなってしまいます。

突発的に付いてしまったシミなら応急処置の方法によっては殆ど分からないぐらいに取り除く事も可能なのですが、時間を掛けて出てきたシミや黄ばみはそうも行きませんよね。

おはようございますオノウエです。

洗っても落ちない黄色のシミは時間を掛けて変質してしまった皮脂汚れですので、発生してしまった黄色い色素は洗剤ではなく酸素系漂白剤での漂白が必要になってくるのです。

 

酸素系漂白剤は洗剤ではありませんので酸素系漂白剤で漂白をする前に取り切れていない油の膜が出来てしまっているかも知れません

先ずは酸素系漂泊をするにあたって邪魔になる油の被膜やタンパク質を、台所用の中性洗剤などで部分的にモミ洗いしてシッカリと濯いでから直ぐに酸素系漂白剤で漬け込み致しましょう。

漂白剤の効果を最も発揮する為にはしっかりと生地に浸透させる事が重要になってきます。

生地の黄ばみの部分に油の被膜やタンパク質の塊がありますと水分をはじきますので生地の繊維に酸素系漂白剤を浸透させる事が出来ません。

生地に影響があるかどうかを見えない部分で試す必要はありますが、部分的に綿棒に付けた台所用の中性洗剤などを付けて白いタオルで揉んでみて油の被膜やタンパク質の塊を取り除いた後に酸素系漂泊の漬け込み処理致しましょう。

特に酸素系漂白剤の漬け込み処理をする場合には、常温の水よりも40度から50度の温度のお湯で使用すると効果的になります。

酸素系漂白剤の威力を上げるコツはシッカリと酸素系漂白剤が効果的に反応する事の出来る環境を作ってあげる事にあります。

手間は掛かりますがお仕事が終わった時の仕上がりの差は必ず出てきます。
お料理でも何でも下ごしらえが重要ですからね。

それでもお家で取れなかったシミや黄ばみのご相談はこちらまでご連絡くださいね♪

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

【お家で取れないキバミの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。