古い濃い色の金色に近い黄色いシミは生地劣化している為に破れたり色が薄くなってしまう事があります

生地に長く付いてしまっている様な古いシミは取り除くまでにそのシミの下にある生地にダメージを与え続けています

はい、最近ではアンティークな年代物のお洋服だったり、リサイクルや古着等の一点ものに人気がありそのメンテナンスをお受けする事が非常に多いです。

シミが長時間付いていたと思われる場合には生地の種類によってはかなり傷んでおり、動物性の生地や植物性の生地の場合には生地の質を変化させてしまっている様な可能性がかなりあるんですね。

傷んでいる生地の場合には生地や色はとっくの昔に壊れているとしても、衝撃を与えない限りその形状をかろうじて保っている状態なので見た目には生地や色にダメージがある様には見えません。

言わば見えないぐらいの細かいヒビが無数に入っている花瓶の様なものです。

その状態で水を入れると花瓶の下が濡れてきて、「おかしいな?」と思った瞬間に割れてしまうみたいな感じです。

おはようございますオノウエです。

お洋服も同様にタンパク質系のシミが付いて時間が経ちますと生地や色を腐食させてしまい動物性の生地や植物性の生地の場合には勿論の事、化学繊維の場合でも色柄物であればその色素を長い時間を掛けて破壊してしまう事もあるんですね~。

 

生地や色の痛みは見た目には分かりにくいのは生地の糸や色柄が弱っていても何らかの物理的なダメージが無い限り色は動かないからなのです

着用中のお洋服の場合にはどれだけ時間が経っても汚れやシミがコーティングの代わりになり、汚れやシミの下にある生地や色や柄の変化には気が付きにくく症状も出にくいのです。

汚れたりシミが付いているお洋服に何らかの物理的なダメージが起こり目に見えるタイミングというのは、これまでの話の中で大体の想像は付いていると思いますがそれは「洗う時」なのです。

お洗濯をする事は勿論の事、漬け込み漂白やピンポイントでの染み抜きもその生地や色にあるダメージが目に見えて現れる瞬間なんですね。

ですのでそのリスクは避ける事が出来ませんのでダメージが出るか出ないかのギリギリの生地に影響が出にくい状態でのフィニッシュとなります。

やはり完全には取り除けない事もありますので、その時には色修正などで出来るだけ目立たたなく修正してお仕上げする事もあります。

そんな状態にまでなってしまわない様にする為にも古いシミを発見したら、出来るだけ早めに取り除いた方が生地や色に負担が少なくて済むんですね。

と言う訳で、今回の様な古い黄ばんだシミを見つけたそんな時にはご相談くださいね♪

ではでは~。

【古い汚れや染み抜きのご相談ならこちらまでご連絡くださいませ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。