淡色系お洋服は特に気になる襟部分の黄ばみですがそれ取り除く事が可能かも知れませんよ

 

襟部分の黄ばみは皮脂汚れや擦れ汚れと汗で黄ばんでいる場合が多いですが部分的なシミ抜きをすればかなり綺麗になる事がありますよ

はい、淡色系のジャケットを着用した場合には気になる部分は、やはり襟回りや袖口周りの汚れですね。
時間が経ってしまいますと皮脂汚れが酸化して黄色くなってくる事があります。

それがいわゆる「黄ばみ」ですね。

お洋服が黄ばんでしまう理由としては襟や袖口部分にはお肌が直接触れますので、汗の成分や皮脂汚れが生地に付着してしまいその成分が劣化して変化する時に一緒に生地の繊維や色まで変化してしまうので黄ばんでしまいます。

殆どの場合がほんの少しだけ着用したけど見た目に汚れていないからそのままクローゼットに入れてしまったお洋服が、再び着用される事が無く数か月、数年かけて時間が経ってしまった時に顕著に表れます。

おはようございますオノウエです。

存在を忘れて数か月、数年着用していなくてもクローゼットの中で久し振りに見つけてしまいますと何故かまた着たくなりますよね~。

お洋服の放置アルアルです(笑)

 

外出自粛のこの機会にクローゼット内のお洋服を全部出してクローゼット内の掃除も兼ねて今あるお洋服のチェックをしてみるのも良いかも知れませんよ

もしも淡色系のお洋服が黄ばんでいるのを見つけた場合には白い衣料ならお家でも漂白等で対応する事は可能ですが、淡色系で色が付いている衣料は漂白致しますと変色したり脱色してしまうケースがあります。

ですので色柄物のお洋服の場合には出来れば何もしないでご相談下さいませ。

特に今回お預かり致しましたデニム等のインディゴ先染めの生地の場合には、一度色が抜けてしまいますと修正が非常に困難になってしまいますのでお気を付け下さい。

「襟ぐりや袖口の変色さえ取れれば・・・」

そんな時には特殊部分染み抜きや特殊部分色修正でお直しする事も可能な場合が多々あります。

もしも、生地が擦り切れてしまったり破れてしまっている場合にはお洋服のリフォームで対応する事も可能ですので是非ともご相談下さいね♪

ではでは~。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓
【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す