見えにくいシミでも時間が経つと生地や色素に悪さをして目に見えて分かる様になるんですね


取れそうにない古い黄色いシミでも特殊部分しみ抜きと特殊部分色修正でかなり綺麗に復活するかも知れませんよ

はい、黄色いシミってシミの中でも一番多い色なのですがその理由は一番取れにくい色だからなのです。
洗っても取れない残りやすいシミの色は「黄色」なんですね。

その黄色い色は殆どの場合が生地の繊維奥深くまで色が浸透しており普通のクリーニングやお洗濯では落ちません。

完全に汗や皮脂汚れの成分を取り除いた後で、その黄色い部分だけを狙ったピンポイント部分シミ抜きや部分漂白を行う事でようやく薄くする事が出来ます。

この時点で取り除けると良いのですが、頑固な「黄色」の場合には色を取り除くよりも先に生地の方が傷んでしまう状況も多くありその場合には「色修正(染色補正)」で黄色い色を見えなくする方法を行います。

おはようございますオノウエです。

「色修正(染色補正)」は何も無くなってしまった色を入れて元の色に修正するだけではなく、薄っすらと残ってしまった色を更に目立たなく見えなくする効果もあるんですね~♪

 

黄ばみがお洋服の生地に残ってしまい気になる場合には「特殊部分シミ抜き」や「特殊色修正(染色補正)」をすればかなり綺麗になる事があります

例えばかなりシミの色が薄くなったものの、これ以上は溶剤での漬け込み処理や染み抜き処理や漂白等を行ってしまいますと生地がもたないという場面もあります。

生地の劣化具合いによっては穴が空いてしまったり起毛が溶けてなくなってしまったり生地が固くなってしまう事もあるんですね。

生地が既に劣化しおりますと様々な洗い方やシミ抜きには耐える事が出来なくなってしまいます。

そんな時には生地に傷みが発生しないギリギリのところまで染み抜きを行ってから、色素が残ってしまった場合にはその色に別の色を足して相殺して色を消す事も出来るのが「色修正(染色補正)」なのです。

今回の黄色いシミは非常に時間が経っており生地が弱っておりました。
ですので完全にはシミの色を取り除く事が出来なかったので「色修正(染色補正)」を施しました。

これで黄色い色は見えなくなりました♪

無くなってしまった色を復活させるだけではなく、この様に残った色を消す事も可能な特殊技術でもあるんですね。

またこれで着用して頂けると思います。

変色が気になる場合はこちらまでお問い合わせくださいませ♪

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓
【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す