袖口は凸凹した生地や折り目の部分等に沿ってスレが発生して白くなってくる事がありあます

袖口がスレ等のダメージを受けてしまいますと生地が削れてまず最初に色が無くなってから生地が薄くなり破れやすくなってしまっています

はい、この事例画像は濃色のシャツの袖口裏側の部分になりますが着用時の擦れにより、凸凹した生地や折り目の部分等に沿って色(色素)が抜けてしまい生地が白っぽくなってしまった事例です。

この様な着用によるスレはどうしても発生してしまうのですが、着用のローテーションを長めに取れば比較的に緩やかに変化させる事が出来ます。

毎日着用を続けておりますと濃色の生地の場合には確実に変化してきますので注意が必要ですね。

おはようございますオノウエです。

もしも、この様に襟元や袖口部分が白くなってしまっても特殊技術である「色修正(染色補正)」を施せば見た目にはかなり良くなります。

 

気になる部分の色を直す事が出来ればまだ着用する事が出来る様になりますのでご相談下さいませ

はい、色が無くなると一口に言ってもその部分にはお肌の擦れによる皮脂汚れが付いています。

皮脂汚れには油や汗や皮脂がついておりますので一度それらの変色になる原因を全て取り除いた後に「色修正(染色補正)」を行います。

汚れている状態の上に色を載せても直ぐに汚れと一緒に剥がれてしまいますので、「色修正(染色補正)」を行う場合には必ず生地の状態をフラットにしてから行う必要があります。

洗っても染み抜きしても取り切れない黄色くなってしまったお洋服の生地に付いている黄色い色素は、既にシミではなく変色になっている可能性があります。

その場合には黄色を目立たなくする「色修正(染色補正)」を行うんですね。

今回生地の色は白くはなっていましたが黄色くはありませんでしたので、「色修正(染色補正)」により濃色の色を再び入れる事で元に近い状態に修正する事が出来ました。

時間が経てば経つほど色(色素)や生地も傷みが発生してしまい手間がかかってしまう状態になります。

もしもお気に入りのお洋服にこの様な気になる部分を見つけてしまった場合には、是非ともご相談下さいね。

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも配送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。