起毛の細かい素材の場合には古いシミの生地へのダメージで細かい毛が無くなっている事も

食べこぼしの古いシミはウール生地を脆化させて見た目にもふんわり感が無くなりフラットに見えてしまう事もあります

はい、食べこぼし等のシミが付いてから時間が経ってしまいますと色んな弊害が起こります。

動物繊維であるウールやカイコの繭であるシルク(絹)の場合には特に気を付けましょう。

これらは全て動物性タンパク質で組成されておりますので、傷んでしまいますとかなりのダメージが発生してしまう恐れがあるんですね。

おはようございますオノウエです。

シミが生地に付いたままになってしまいますと、シミと一緒に生地の繊維まで痛んでしまいますので出来るだけ早めに対策致しましょう!

 

お洋服の古いシミはシミが取れたとしても生地のダメージは残ってしまう場合があります

常に汚れやシミを発見したらメンテナンスを直ぐに行って綺麗な状態を保ちながら使用する事が出来れば良いのですが中々そうはいきません。

ですが、時間が経ってしまいますと生地の傷み具合に寄ってはかなり取り除く事が困難になってしまいます。

その上にふんわりとしたの細かい起毛のある素材ですと細かい毛が既に消失している場合も多く生地がフラットに見えるんですね。

ほんの少しのシミでも出来るだけ早めに取り除かないと生地にダメージが発生した場合には元に戻せなくなります。

少しのシミでもピンポイントで取り除く特殊部分染み抜きで対応は可能ですので、その時にはお声掛けくださいね♪

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも郵送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す