肩口の擦れた様な汚れやシミは人工皮革や合成皮革で作られているバッグのストラップ跡かも

バッグのストラップが劣化して擦れ汚れがお洋服の肩口に付いてしまう事は意外にも多いのです

はい、お洋服の肩口に黒や茶色のスレた様な汚れやシミが付いていたという経験はございませんでしょうか?
実はこの汚れやシミは普通に洗うだけでは落ちない場合があります。

皮革製品の中でも人工皮革や合成皮革と呼ばれる化学的に作られた皮革に似せた革製品には、ポリウレタン樹脂という接着剤の様な成分の物が使用されておりそれらすべてのお品物には「寿命」があるのです。

その寿命を迎えてしまいますとポリウレタン樹脂が劣化してベトベトしたり、部分的に剥がれて違う場所に付いてしまったり致します。

おはようございますオノウエです。

最近購入されているお品物でも劣化の症状は出ます。

何故なら販売購入されてからではなく生地が製造された段階から劣化が始まりますので、生地が製造されてからの5年から10年で劣化が目に見えて現れてくるのです。

 

人工的に作られた皮革に似せた製品であるポリウレタンを使用した人工皮革や合成皮革は製造された時点から空気に触れる事によって徐々に劣化が始まっております

この劣化は作られた瞬間から始まっている為に防ぎ様がありませんが、製品によっては10年ぐらいは持つ様な寿命の長い製品もあります。

今回のお品物の様な擦れ汚れは殆どの場合が人工皮革や合成皮革に使用されておりますポリウレタン樹脂が劣化が原因である事が多いので、バッグのストラップ等がベトベトしたり剥がれたりしている場合には出来るだけ使用を控えましょう。

 

基本的には油性の汚れと不溶性の汚れやシミの塊ですので、部分的な油性処置後に圧力を掛けた洗浄で取り除ける事が殆どです。

ですがお家では油性の汚れと不溶性の汚れの塊と分かっていてもそうそう生地に負担を掛けずに部分的に汚れやシミを取り除く事は難しいのでご相談下さいね。

もしもいつ付いてしまったのか分からない様なスレた汚れの場合には、人工皮革や合成皮革等の化学的に作られた皮革に似せた革製品の劣化によるものである事を疑いましょう!

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す