色柄の物の生地に付いたシミは腐食すると色(色素)も一緒に破壊してしまい色が変化するのです

色柄の物の生地に付いたシミは腐食すると色(色素)も一緒に破壊してしまい色が変化するのです

はい、色柄物素材で特にブランド物の場合には生地が細くデリケートな素材の場合も多く、汗の成分や皮脂汚れが残っておりますと時間が経つと色褪せたり黄色くなったり変色してしまいます。

生地が痛む前にその生地の糸を覆っている色(色素)から先に傷んでしまいますので、色が先に抜けたり変色したりする事になってしまいます。

そんな状態を防ぐ為にはシミには出来るだけ早く気が付いた時に染み抜きして抜く事が有効なのです。

おはようございますオノウエです。

お気に入りのお洋服ですと連続して着用しがちになってしまいますので、シミが付いたり生地が擦れにより傷んでしまう事が多くなりますので常にシミやほころび等に気を配り点検いたしましょう♪

 

デリケートなお洋服の素材は目に見えて変化が分かるぐらいになりましたら必ずメンテナンスが必要となります

出来れば目に見えて変化が分かる前に対応するにこした事は無いのですが、見えなければ全体的に水溶性の汚れを落とす事の出来る水を使ったW(ダブル)クリーニングで対応する事になります。

皮脂汚れや汗の成分が残っておりますと色が変化してしまう事がありますので、早めの水を使った水溶性汚れ落としのメンテナンスが必要になってくるんですね。

しかし、それでも取り切れない場合には時間と共に黄ばみとして目に見えて黄ばみが浮かび上がります。

ですがそれからでもまだまだ遅くはありませんので、水溶性の汚れ落としメンテナンスはシッカリと致しましょう!

今回のブランド製品に発生してしまった黄ばみも色(色素)にダメージを与えない様にしながら黄ばみだけを綺麗に取り除く事が出来ました。

もしも黄ばんでしまったブランドお洋服がクローゼットの中にありましたらその時には是非ともご相談下さいませ~♪

ではでは~。

【遠方からの場合の特殊染み抜きクリーニングのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す