夏物衣料で白色や淡色系のお品物は取り切れいていない襟汚れが変色してくる事があります

何となく襟が黒く見えたり黄色く見える場合の夏物衣料は毎日洗っても落ち切れなかった皮脂汚れや黒ずみの残留が原因です

はい、白色や淡色系のお品物の場合ですとお家でのお洗濯で取り切れなかった皮脂汚れや黒ずみの残留が原因で、その後に期保管ともなりますと取り切れいていないシミが変色して黄ばんでくる事があります。

しかも今回の事例の様なかなりの時間が経ってから現れてきた黄ばみは、特に頑固なものが多く大変取れにくい状態になってしまっているんですね。

この現象は毎日洗っていたとしても長期保管中に起こってしまいます。

ですので、注意する点としては長期保管のお直し前にシッカリと洗浄で油性の成分を落として、その後に酸素系の漂白処理(生地の種類によっては漂白が出来ない場合があります)をして黄ばみの元を絶ってから保管する必要があるのです。

おはようございますオノウエです。

今回の事例の様なチェックの色柄物ですとラインの色(色素)が皮脂汚れの残留が原因で弱ってしまってう場合もあります。

その時には水分に浸かるだけや洗剤の漬け込みや弱い漂白でも汚れと一緒に一緒に色(色素)も消失してしまう恐れがありますので気を付けましょう。

 

動物系の繊維の場合には長期保管中にシミの部分だけ衣類の害虫に食べられてしまうケースもありますので防虫対策もシッカリと行っておきましょう

取り除き損ねた汚れ成分は時間が経ってきますと濃い色に変化して浮き出てくる事もありますが、酷い場合には長期保管中にそのシミの部分だけを衣類の害虫に食べられてしまうケースもあります。

綿素材等の植物繊維やポリエステル等の化学繊維でもシミの部分だけを食べられるケースもあります。

栄養の元であるタンパク源のシミを食べたいが為に栄養にならない生地まで一緒に食べてしまうのです!
生きる為の生命力とでも言いましょうか非常にたくましいですね~。

感心している場合ではありませんが(笑)

夏物衣料は出来ればシミも害虫にも退場してもらえる様にサッパリと綺麗にしてから長期保管に臨みましょう!

と言う訳で、お直し前のお洋服のシミや黄ばみを除去出来るコースの「復元加工」をオススメ致します。

これから秋の衣替えですのでお直しのお洋服がありましたらチェックして下さいませ♪

ではでは~。

「襟の皮脂汚れや黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。