ポスターカラーはお洋服に付いてしまいますと綺麗に取り除けない事もありますのでご相談下さいませ

取り除こうとして水や洗剤を使用するとポスターカラーは溶けますがお洋服の生地に余計に広がる可能性があります

はい、ポスターカラーは水に溶けやすく同じ絵の具のアクリルガッシュに比べても落ちやすいのですが、完全に落とし切れない場合には色(色素)がお洋服に残ってしまいます。

今回の事例のブラウスではポケット口に付いてしまいお家で洗ったが広がってしまい取れなくなったとの事でした。

ペンキやインクのシミが付いた時にはどうして良いか分からずに、取り敢えず洗剤を付けて擦ってみる等の応急処置をしてしまい余計に生地に浸透させてしまうケースが多くあります。

おはようございますオノウエです。

絵の具やポスターカラーに限らずインクやペンキの場合も、点の様なぐらいの小範囲でしたら見えないくらいまで取り除く事はお家でも出来る場合もあります。

ですが、それ以上の広範囲になりますとお家での染み抜きやお洗濯では逆に広がって取れなくなってしまう事がありますので直ぐにご相談下さいね~。

 

お洋服に付いてしまった絵の具やポスターカラーに限らずインクやペンキの場合には何も触っていない状態で持って来て頂く方が染み抜きのプロにとっては一番落としやすいベストな状態なのです

長く使用する事が前提の学生服やユニフォーム等はポリエステル混素材で生地自体も丈夫に出来ている事が多く、基本的にはご家庭でのお洗濯でゴシゴシしてもそう簡単には型崩れがしない様に出来ております。

ですので絵の具やポスターカラーに限らずインクやペンキが付いた時には、基本的には生地に浸透しにくく表面に乗っているだけの場合が多くしかるべき処置をシッカリと行えばそれらのシミは取れるんですね。

ただ、お家ではそのしかるべき処置が中々出来ない環境にあります。
ですので触ってしまいますと生地内部に入り込んでしまい余計に取れにくくなってしまうのです。

クリーニング屋さんでしたら生地に浸透する前にピンポイントでその部分だけをダメージ等が発生して生地を傷める事も無くスムーズにしみ抜きを行い綺麗に取り除く事が出来るのです。

もしもお洋服の色が変わってしまったり抜けてしまってもその状態によっては、色(染料・色素)回復の特殊技術である色修正(染色補正)を行えば回復して捨てずにまだまだ着る事が出来ますのでご相談下さいね。

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。