染み抜きが出来ないと言われた合成皮革(フェイクレザー)とは人工的に作られた皮革の事です

最近の合成皮革(フェイクレザー)や人工皮革は殆ど本物との見分けが付かないぐらいによく出来ております

はい、そんな合成皮革や人工皮革ですが製造方法は異なりますが、原材料はナイロンやポリエステルやポリウレタン樹脂を使用した同じ石油製品です。

これらの石油系の素材で出来たお洋服の中には、クリーニング屋さんのドライクリーニングに弱く洗えない洗濯表示の付いたお洋服が沢山あるんですね。

油性の薬品にも弱い素材の為に染み抜きも薬品が限定されて油シミが付いたり致しますと、殆どのクリーニング屋さんはお手上げ状態になります。

おはようございますオノウエです。

今回お預かり致しましたお洋服も合成皮革の〇アテックス製品ですので、当然の事ながらドライクリーニングは出来ないお品物でありましたが油シミを落とす事に成功いたしました。

 

 

合成皮革(フェイクレザー)や人工皮革等は必ず時間が経つと劣化するのが特徴ですのでそうなってしまいますともう直す事は出来ない寿命となります

合成皮革(フェイクレザー)や人工皮革等は劣化いたしますとベトベトしたり剥がれてきたりするのですが、その期間は製造されてから長い物で10年、短ければ5年から3年くらいで寿命がやってきます。

合成皮革(フェイクレザー)や人工皮革等は寿命の場合にはどうしようもありませんが、今回の様に食べこぼしのシミで油性のシミでも取り除く事は可能ですのでその時にはお声掛け下さいませ。

もちろん性質上の説明をさせて頂き、ご納得して頂いた場合のみお受けいたしますのでよろしくお願い致します。

合成皮革のお洋服の場合には大体の場合にはクリーニング表示タグに「合成皮革」と記入があり、クリーニング表示タグ自体が無かったり記入がなければ海外で購入された並行輸入品の可能性もあります。

そうなりますと皮革製品か合成皮革製品なのかの見分けが付かない事もありますが見分ける方法もあります。

大体の場合には作られてから3年から5年で劣化の兆しが発生するのですが、製造された段階から寿命がカウントされますので購入する前に既に劣化していたり購入直後でも直ぐに劣化したりと言う事もあります。

その時には諦めるしかありませんが、もしも合成皮革(フェイクレザー)や人工皮革等が劣化して剥がれてしまっても部位によっては交換が可能です。

例えばパイピング等や多少使いの部分的な部位なら、合成皮革から本物の革に交換する事や別の素材にリフォームで変える事も可能です。

ただリフォームを行った時点でその商品の価値はオリジナルではなくなりますのでお気を付けて下さいね。

「合成皮革や本革のメンテナンスのお問い合わせはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。