お洗濯時のトラブルの一つに他のお洋服等から出てしまった色が移ってしまう「色移り」があります

濃色の生地のお洋服の場合にはお洗濯時に色が出てしまう事がありますので白いお洋服とは別にしてお洗濯する様に致しましょう

はい、お家でのお洗濯時のトラブルで染み抜きのご依頼を頂く事が多いトラブルの一つと言えば、他の一緒に洗った濃色のお洋服等から出てしまった色が移ってしまう「色移り」があります。

特に長時間水分と洗剤が付いたままで放置してしまいますと起こりやすいです。
その原因はお洋服の「色の劣化」にあるんですね。

お洋服の色は染料や顔料と言われるもので染められています。

その色の成分は決して永久的に持つものでは無く、汗や皮脂汚れや食べこぼしのシミ等が付いたまま長時間温度の掛かる状態ですと劣化してしまいます。

おはようございますオノウエです。

色が劣化してしまいますとその色が滲んだり剥がれてしまい易くなる理由となります。

その状態でお洗濯を致しますと洗剤が劣化した色まで汚れと判断して、その部分に汚れを取り除く汚れ落としの力を発揮して劣化した色落としてしまうからなんですね。

 

劣化してお洋服から出てしまった色は再び違うお洋服の生地に付着してしまい色移りという状況が発生してしまいます

お洋服の染料から出る色移りの他にも、ボールペンやマジックを一緒に洗ってしまい色が出てお洋服に移ってしまうケースの「色移り」もあります。

その場合の色移りは全くの別物ですのでインク処理の染み抜きで対応する形になります。

更に色移りは言わば既に洗っている状態ですので生地の奥深くまで色が浸透してしまい、ご家庭での漂白処理やクリーニング屋さんでの染み抜きでも完全に落ちない場合が多いです。

そうなってしまいますと特殊な染み抜き処理が必要となってしまいます。

「色移り」が起こってしまった場合には、染み抜きの実績が分かるビフォー&アフターを確認出来る染み抜きの得意なプロに色移りを直す事の出来る部分的なシミ抜きをしてもらいましょう。

クリーニング屋さんでは染み抜きを行う時には出来るだけ生地に負担をかけない様に、シミが付いてしまっている部分だけにスポットで部分シミ抜き処理を行う事も出来ます。

範囲が広い場合には全体的に洗剤や漂白剤に漬け込んだりする事で対応致しますので、輪ジミの様な色が移った部分と移っていない部分の境目なども消す事が出来ますのでご相談下さいませ♪

あっ、ウチで売ってるこれ使えば色落ちせずに色移りも最小限で使えます♪

DE-recovery ディリカバリー】

ではでは~。

【何をしても取れないシミのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。