保管中に発生する黄ばみは取り切れていないタンパク質汚れか皮脂汚れが変化したシミです

クローゼットに長期保管していたお洋服を着用しようと思っていたら前には気にならなかった袖口や襟ぐりに黄ばみが発生していた

はい、本日の朝は結構肌寒い感じでそろそろ寒い時用のお洋服を用意する感じの気候になりましたね~。

その時によくあるお洋服のトラブルは、「洗ってからクローゼットに直したハズなのに何で黄ばみが出ているの??」とう事です。

この場合の「洗っている」というのはお家での水洗いのお洗濯でも、クリーニング屋さんでのドライクリーニングのお洗濯でもその両方をした場合の事も含めての「洗っている」です。

「洗っている」のにクローゼットに長期保管していると袖口や襟ぐりに黄ばみが発生するのには原因があります。

おはようございますオノウエです。

いつも僕のブログを見て頂いている方は既にご存じかと思いますが、それはお洗濯だけでは取り切れていないタンパク質汚れか皮脂汚れが変化したのが原因なんですね~。

 

後から出てくるお洋服の黄ばみはお洗濯だけでは取り切れていないタンパク質汚れか皮脂汚れが変化したのが原因です

黄ばみになる前に取り除いてから長期保管したい所なのですが、何も変化が起こっていない状態での対応は中々難しいのが現状です。

ですので黄ばみ等を少しでも見つけた場合には早めに特殊染み抜きで取り除いてしまう方が、後に時間が経ってもっと酷くなるのを防ぐ事が出来るんですね。

特に動物繊維であるウール生地は全て動物性タンパク質で組成されておりますので、食べこぼし等のシミが付いてから時間が経ってしまいますと色んな弊害が早めに起こります。

傷んでしまいますとかなりのダメージが発生してしまう恐れがありますので出来るだけ早めに対策致しましょう!

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも郵送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。