パンツの裾の黒っぽいスレ汚れはブーツの色が移った可能性がありますので早めに取り除きましょう

皮革の色が水分や擦れにより黒い擦れ汚れが付く場合と人工皮革の劣化により黒い擦れ汚れがついてしまう場合があります

はい、白いパンツですと特に目立ちやすいのですがパンツの裾に付いている黒い汚れの殆どの場合が、ブーツ等を着用した際に湿気等の水分が発生した状態で物理的に擦れてしまう事が起こった場合による色移りです。

本革の皮革の場合にはその表面の塗料が劣化して付いてしまう事があり、合成皮革等のフェイクレザーの場合にも表面の塗料が剥がれて付いてしまう事もありますがそれ以外にも理由があります。

それは、合成皮革や人工皮革は人工的に薬品を使用して動物の皮に近い見た目や質感や手触りに近づけて作られた人工物でありその性質上時間と共に劣化しやすく必ず寿命があるんですね。

おはようございますオノウエです。

原材料にポリウレタン樹脂が使用されているそれらすべてのお品物には「寿命」があり、その「寿命」は販売されてからではなく生地が製造されてから5年から10年で必ず劣化してくるのです!

 

合成皮革や人工皮革等のフェイクレザーは寿命が尽きた時にベト付きやひび割れや剥がれたりする劣化が起こってしまい製品がダメになってしまいます

その皮革製品の中でも合成皮革や人工皮革等のフェイクレザーと呼ばれる化学的に作られた皮革に似せた革製品は、皮革とは言いますが動物の皮で出来ている訳ではありません。

中には一番上の表面だけに薄い皮革を使用して、その下には何枚もの生地を人工的に張り合わせて作る生地もあります。

それも含めて人工皮革、合成皮革、フェイクレザー、ボンディング加工、ラミネート加工等のすべてに使用されている原料や張り合わせ等時の接着剤代わりに使用されているのがポリウレタン樹脂です。

ポリウレタン樹脂は必ず劣化する為に、その寿命が尽きた時にベト付きやひび割れや剥がれたりする劣化が起こってしまい製品がダメになってしまうのです。

そしてそのポリウレタン樹脂製品の劣化した部分にベト付きが生じて、剥がれた時にお洋服の裾に付着したりするのが黒い擦れ汚れの正体だったり致します。

ですが良く考えてみますと、このお洋服の裾に付着したりする黒い擦れ汚れを取り除けば終わるのかと言いますとそうでは無いですよね。

この様なアチコチに汚れが付いてしまう状態になってしまった劣化したポリウレタン樹脂のブーツ等の製品は、もう寿命で使用出来ない状態なので買い替えや廃棄等の検討をしなくてはいけないという事なのです。

部分的なポリウレタン樹脂使いの商品でしたらその劣化した部分を交換する事によって長持ちさせる事が可能な場合もありますが、全体的にポリウレタン樹脂が使用されている場合にはもう対応出来ませんので寿命という事です。

もしもポリウレタン樹脂が劣化してアチコチに付いてしまう、そんな時には是非一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいませ。

ではでは~。

【染み抜きのご相談や遠方から宅配クリーニングのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。