お家で水洗い出来ないお洋服にオレンジ色の輪ジミが出来てしまった場合には非常に対応しにくいのです

オレンジ色や黄色い輪ジミが出来ている時には殆どの場合に部分的な漂白処理が必要ですのでお家洗いでは中々対応出来ないのが現状です

はい、先ずは「輪ジミ」と言う言葉は聞いた事ありますでしょうか?

輪ジミとは油や水が生地に付いてしまった時に付いていない部分との境目に出来てしまう輪の様なシミの事なんですね。

特に着用してからまだ洗っていない状態のお洋服に起こりやすい現象です。

何故この様な事が起きてしまうのかと言いますと、油分や水分が水滴などの状態で生地に付着した場合にその部分だけが洗った様に綺麗になってしまうからなのです。

汚れの成分が滲んで移動する為に綺麗な部分とそうでない部分の境目に汚れが溜るので、それが輪の様に広がった線に見える為「輪ジミ」と言います。

おはようございますオノウエです。

これは食べこぼしや飲み物を溢した時にも同じように、食べ物のシミと綺麗な生地の境目が出来る為に丸い円の様なシミが出来た様に見えます。

これが「輪ジミ」の正体なのです。

 

お家で対応しにくい原因は水洗い出来ない洗濯表示のお洋服に「輪ジミ」は出来やすい傾向にあるからなのです

油がお洋服にべったりと付いてしまうシチュエーションはそんなに無いと思います。

ですが、水分が付いてしまうシチュエーションは雨の日だったりお食事時だったり飲み物を飲む時だったりと結構あります。

もしも、お洋服の洗濯表示が水洗い出来ない✖の洗濯表示の場合には、今までもお洋服の洗浄に水を使った処理を一切していない可能性が高いです。

ですので水溶性の汚れが生地に蓄積されている為に、水分が付いてしまった時にはより強い「輪ジミ」反応がお洋服の生地に出てしまうんですね。

今回の場合の輪ジミはオレンジ色でしたので何らかの色素が混じっている可能性が高く、ただアルカリ洗浄するだけでは落ちませんでしたので「特殊部分漂白」を施し綺麗になりました。

もしもオレンジ色や黄色の輪ジミが出来てしまっている場合には、店頭やメールやライン@で受け付けておりますのでそんな時には是非ともご相談下さいね~♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。