白いパンツの裾に付いた汚れは触ると浸透する場合がありますので出来ればそのままお持ち下さいませ

黒い汚れは煤やカーボンの様な不溶性と言う水にも油にも溶けないミクロの砂粒の様な固形の汚れの可能性が高いです

はい、不溶性の汚れって言われても中々聞いた事もありませんよね。

不溶性とは読んで字のごとく液体にならない溶けない性質の事を言いまして、お洋服のシミの種類としては今回の様な煤の様な汚れや墨汁や花粉もそうですね。

油性のシミの場合には中性洗剤等で溶かす事も出来ますし、水溶性のシミの場合には水洗いや漬け込み漂白等で取り除く事が出来ます。

おはようございますオノウエです。

しかし、不溶性の汚れは水にも油にも溶けないミクロの固形物質ですので、触りますと花粉などの場合にはもっと弾けて細かくなり生地の糸の繊維の奥深くまで入り込んで取れなくなるのです。

 

不溶性のシミを取り除くコツはまだお洋服の生地の上に乗っかっているだけの時に乾いた状態で物理的に落とす方法が有効です

不溶性のシミは一度水分を吸収してしまいますとその不溶性のシミの種類によっては一気に取れなくなってしまう恐れがあります。

墨汁や花粉がそうですね。
その他にも泥汚れや今回の様な黒いカーボン系の煤汚れもそうです。

触ると浸透すると言うのは水分添加によりもっと広がったり、擦って触った事によって細かくなり生地目に入り込むという事を指します。

そういう意味で何か分からないシミには不用意に「触らずにお持ちください」とクリーニング屋さんでは伝える事が多いんですね。

何か分からないシミや濡らすと広がりそうなシミは、応急処置等は出来れば何もせずお店にお持ち頂く方がクリーニング屋さんにとってはかなり染み抜きしやすいと言える状態なのです。

今回の黒い汚れは何かに擦れた時に付いてしまったものと思われますので、これ以上は生地の糸に浸透しない様に薬品で浮かせて吸着させてから一気に取り除く方法で綺麗になりました。

もしも、対処方法もどうすれば良いか分からないシミの場合には出来れば何も触らずに応急処置はせずにそのまま信用の出来るお近くのクリーニング屋さんに相談して下さいませ。

勿論触ってしまってどうしようもなくなってしまった場合でもお声掛け下さいね。
何とかなるかも知れませんよ♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。