黄ばみですが基本的には長い時間を掛けて浮き出てきたようなシミはかなり取れにくい部類のシミになります

基本的には保管中に発生する黄ばみやシミは何もない場所に突然出来るものではありません

はい、今回の事例はスラックスの太ももから膝辺りが着用後に保管していたら、少し黄色くなっていたのがもっと黄色くなってきたのでお直しして欲しいとのご依頼でした。

因みに太ももから膝辺りの変色の原因の殆どの場合が、手汗などの手で触ってしまい汚れが付いてしまうのが原因です。

その汚れてしまっている状態が長期保管等で時間が経ってしまいますと更に生地が変色してしまうんですね~。

おはようございますオノウエです。

クリーニング屋さんでクリーニングを行っていてもドライクリーニングだけでは取り切れないタンパク質成分や皮脂汚れが、完全には取り除けない状態で残留してしまっている場合にはその後の黄ばみや変色が発生する原因にもなるのです。

 

黄ばみが浮き出てきたお洋服は色(色素)も傷んでいる可能性がありその時には色修正(染色補正)が必要になります

保管中の環境によっては湿気等の水分がその残留したタンパク質成分や皮脂汚れと反応して、お洋服にカビ等が発生してしまう場合もあります。

特に黄ばみやシミのある個所には保管中の湿気等の水分がお洋服に付着しやすく、何でもない生地の部分に比べて温度差や水分の吸収率の差が生じやすくカビやシミが発生しやすい環境になりやすいのです。

このビフォー&アフター画像では少し分かりにくいかも知れませんが遠目で見て頂くと、その色の違いがはっきりと分かると思います。

その距離は実際に自分以外の人が見る距離になりますので、気になる人は気にしてしまう状態ではあります。

もしも今回の様な黄ばみ等のお洋服の異変に気が付いた時には早めにメンテナンスする事が大事ですので、お家で取り除く事が出来なさそうな黄ばみはご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。