何度洗っても取れない黄色いシミは既に生地の繊維奥深くまで浸透しているのでプロに任せましょう

お家では特に取り除く事が困難な黄色いシミは無理をして生地を傷めてしまう前にご相談下さいませ

はい、白いお洋服に付いたシミは目立ちますので出来るだけ早めに取り除きたいですよね。

特に突発的な外的要因で付いてしまった食べこぼし等のシミの場合には応急処置しても完全に消えない場合も多く、赤色や黄色のシミはお洋服の生地に残りやすいです。

今回の事例もお家でのお洗濯では完全に取り切れなかった黄ばみ取りのご依頼です。

おはようございますオノウエです。

漂白すれば綺麗になると分かっていても出来ない事もありませんが、無理してしまいますと黄ばみ以外の部分にまで漂白作用の効果が出てしまい問題の無い部分まで漂白作用が働き色を変化させてしまう事になってしまいます。

因みに染み抜きの出来るクリーニング屋さんでは染み抜きを行う為に必要な技術と特殊機材がそろっているので、この様に白いお洋服にある取れそうにない時間が経っていそうな濃い色の黄ばみでも部分的に取り除く事は可能なのです♪

 

突発的なシミが付いていなくても長く着用している淡色や白いお洋服は段々と黄ばんでくる事があります

時間が経って浮き出てきたシミはお家でのお洗濯ではもう何度洗っても漂白しても取れない頑固な黄ばみに変化してしまっている場合が多く直接そのシミに対して部分的に染み抜きのアプローチを行う必要性があります。

ですので取り除くには「酸素系漂白」をそのシミの部分にだけにダイレクトに漂白を行う事が必須になります。

流石にお家では中々それを行う事は出来ない事も無いのですが、生地の特性や薬品の使用方法等を熟知する事が必要になりますのでハードルがかなり高くなります。

更にはその「酸素系漂白」を行う前に行わないといけない工程が油分をシッカリと取り除く工程なんです。

お洋服の汚れた部分には油分も含まれておりシミの上に油分の膜が出来ている事が多く、それが酸素系漂白を行う時に被膜となり漂白作用を軽減させてしまうのです。

ですので「酸素系漂白」の性能を最も高める為にはこの様な工程の下ごしらえも必要なんですね。

と言う訳で、そんな面倒な事をしなくても染み抜きの出来るクリーニング屋さんにお願いすれば綺麗になる場合の方が多いので是非ともご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。