シャツやブラウスの襟が黄色くなってしまうのは取り切れなかった汚れが傷んでしまい黄色くなります

洗っても取れない襟汚れや黄ばみは1度プロにお願いしてリセットしてしまいましょう

はい、お家で何回洗っても取れない襟の汚れってありますよね。

その中でも簡単には取れない代表の襟汚れは黒ずみや黄ばみです。

黒ずみは水にも油にも溶けないミクロの固形物質が、生地の繊維の隙間の奥深くに入り込んでしまう為に取れなくなる現象です。

襟や袖口が洗ってても黄色くなってしまうのは、取り切れなかった汚れが傷んでしまう事によって起こってしまう現象なんですね。

おはようございますオノウエです。

こうした汚れや黄ばみは無理して取り除こうとしてしまいますと余計に取れなくなる事もあります。

適正な処置ではない何らかの薬品による化学的な処理や、擦ったり等の物理的な処理をしてしまうと余計に取れにくくなってしまうんですね。

 

固形物質の埃やススは水にも油にも溶けませんし黄ばみも同様に取れませんが対策はあります

黒ずみの汚れの場合には埃やススを生地にくっつけてしまう接着剤の役割をしている皮脂汚れをシッカリと取り除く事によってある程度は取り除く事が出来ます。

それでも残ってしまった襟の黒ずみは粒子が細かく生地の繊維の隙間に奥深くまで入り込んでしまっているので粘度のある薬品をくっつけて取り除きます。

黄色く黄ばんでしまった場合には黄ばみ落としである漂白剤を使用した「特殊部分漂白」で対応致します。

今回の襟が黒ずんで黄ばんでしまったお洋服も綺麗にする事が出来ました。

もしも襟の黄ばみや袖口の黄ばみが気になる場合はクリーニング屋さんでしか出来ない特殊シミ抜きでスッキリ致しましょう♪

ではでは〜。

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。