シルク素材のネクタイにシミが付いてしまった場合には応急処置で擦らない様に致しましょう

デリケート素材の場合には擦ると生地が傷んで白くなってしまう場合がありますので要注意です

はい、最近ではカジュアル化が進み普段の会社出勤ではネクタイを着用する機会が減った方もおられると思います。

ですがやはりスーツを着用した場合にはネクタイはまだまだ必須アイテムですよね。

そのネクタイですが特に食べこぼし等の水溶性汚れが付き易く、シミや汚れを見つけた際には無理してシミを取ろうとして擦ったりしてしまいがちです。

シルク素材のお洋服やネクタイの場合には擦った瞬間に繊維がささくれて光の乱反射により目には生地が白く見えてしまうという現象が起こります。

おはようございますオノウエです。

お洋服の生地の一本一本の糸の繊維に細分化(擦れによるささくれ)が起こり、白くテカってしまったり色が白けてしまったりする現象の事を「白化現象」(はっかげんしょう)と言いデリケート生地に起こってしまう代表的なダメージの現れ方なんですね。

 

基本的には食べこぼし等のシルクの生地と同じタンパク質であるシミの場合には時間と共にシミが生地と一緒に酸化(酸化とは物質が酸素と反応して変化してしまう事)してしまい傷んでしまいます

今回の事例では広範囲に飲み物の様なシミがネクタイの生地に付着して時間が経ち変色したものと思われるしみ抜きのご依頼でした。

幸いな事に先にご説明した生地の「白化現象」はみられませんでしたので特殊色修正(染色補正)等の必要はありませんでしたが、もし応急処置で擦っていた場合には必要になっていたかも知れません。

その場合には特殊技術料金がお直しするのに余分に掛かってしまいますので、今回の様に何もせずに持って来て頂く方が綺麗に取り除く事が出来るケースの方が実は多いのです。

突発的な見た目に分かりやすいシミが付いてしまった場合には、そのままではカッコ悪いのでビジュアル的に応急処置を行うケースもあります。

ですが出来れば後にシミを綺麗に取り除きたい場合には、着用をやめてそのまま何もせずにお持ち頂く方法をオススメ致します。

という事で、デリケート素材のネクタイやお洋服にシミを見つけたら出来れば何もせずに早めのクリーニング&特殊シミ抜きでメンテナンス致しましょう。

 

【気になるお気に入りのお洋服の染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。