知らない間に付いてしまった色の付いたシミは出来れば何もせずにお持ちくださいませ

ペンのインクの場合には滲んだり色移りしたりするリスクがありペンキ等は無理に取り除こうとすると生地を傷めてしまう場合があります

はい、今回の事例は結果的にはバッグの色移りと思われる、バッグに使用された顔料が劣化して擦れによりお洋服に付いた可能性がある事例でした。

見た目にはボールペンの様な細い線では無く太めのラインで、複数個所に擦れて色が付いた様な感じですのでペン類のインクではないだろうと予測出来ます。

次に考えられるのは化粧品等が付いてしまった場合ですが、特殊染み抜きの油性処理だけでは反応が無かったのでペンキ等の乾くと硬くなり取れにくくなる顔料系のシミだという可能性がある事が分かります。

おはようございますオノウエです。

何が付いてしまったのか分からない様なシミは、この様に少しずつ何が付いたのかを検証しながらお洋服にとって一番負担の掛からない染み抜き方法を模索して実行致します。

 

知らない間に付いてしまったシミの場合には何が付いてしまったかが特定出来ずに分からない場合には何もしない方が無難なのです

応急処置の失敗例のケースとしてはアセテートの生地にマニキュアが付いてしまい除光液で取り除こうとした等のケースがあります。

除光液にはアセトンと言うアセテートを溶かしてしまう成分が入っておりますので、その除光液でマニキュアを取り除こうとした場合には一緒にアセテートの生地も溶けてしまう事になります。

この様に付いてしまったシミを事だけを考えるのではなく、シミが付いてしまった対象の生地の事も考えながらしみ抜きを行わないと取り返しのつかない状態になってしまう事もあるんですね。

今回の様な知らない間に突発的に付いてしまったシミに関しては応急処置をして出来るだけ早く自分で取り除こうとする事も時には必要となる事もあります。

ですが、出来ればシミ抜きの得意なクリーニング屋さんの特殊染み抜きを利用しましょう。

もしも応急処置が上手く行かなかった場合には余計に取れにくくなったり、シミが広がってしまいますと中々取り除く事が出来ない状態になってしまいます。

 

もしもお家で何とかしようと思ったのでしたらこちら以前に書きましたブログですのでこちらを参考にして下さいませ。

【ファンデーションやインクは油に溶けますのでお洋服に付いたらこうやって取りましょう】

勿論自己責任でのお家お洗濯&染み抜きになりますのでよろしくお願い致します。

 

と言う訳で、応急処置や染み抜きが不安な場合には先ずは信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。