シルク素材のお洋服やネクタイには水分が付いてしまいますと「輪ジミ」が発生しやすいのです

普段から水洗いの出来る綿等の素材の場合よりもあまり水洗い出来ないシルク等の素材に水分がまとまって付いてしまいますと「輪ジミ」が発生する場合が多いです

はい、普段からお家でも水洗いの出来る綿等の素材の場合でしたら、水に溶けて取り除ける食べこぼしや汗等の水溶性の汚れは普段から取り除けておりますので生地に蓄積する事はありません。

でも、ネクタイってお家で洗う事はそうそうないですよね。

クリーニング屋さんでもネクタイのクリーニングの場合には、ドライクリーニングでお洗いする事が多く水を使って洗う事はシミや黄ばみが発生していない限り通常の場合には殆どありません。

ですので、水に溶けて取り除ける食べこぼしや汗等の水溶性の汚れは水洗いしない限り生地に蓄積されたままなんですね。

おはようございますオノウエです。

その水溶性の汚れが取り切れていない状態が続いてしまいますと、水分が水滴で掛かってしまった場合には今回の事例の様な「輪ジミ」が発生してしまうのです。

 

輪ジミは水分が付いた生地の水溶性の汚れが移動してしまい水に濡れていない部分との境目が目に見える様になったのが「輪ジミ」です

普段から水洗いしないお洋服の場合ですとどんな生地でも「輪ジミ」は発生しやすくなります。

その原因は水の掛かった部分だけが洗った様に綺麗になってしまい、その時に動いた汚れが濡れていない乾いている部分で水分と共にせき止められて境目を作ってしまいシミの様になってしまった状況なのです。

ですので、この「輪ジミ」を直すには水洗いの出来ない表示のお洋服を特殊水洗いを行って洗い全体を綺麗にする事になるんですね。

ですが最初にお伝えした通り普段から水洗い出来ない様なお洋服や、洗濯表示上では水洗いが出来ない表示になっているお洋服の場合にはお家での対応は困難になります。

そんな時にはクリーニング屋さんの特殊メニューである「W(ダブル)クリーニング」や「ウエットクリーニング」がおススメになります。

「W(ダブル)クリーニング」や「ウエットクリーニング」は特殊水洗いの方法で、普段は水洗いする事が出来ないお洋服も水洗いする事が可能な特殊コースなんですね。

ただし、クリーニング屋さんによっては「水」を使用しない「W(ダブル)クリーニング」を行っておりますお店もありますので気になる様でしたらお店の人に聞いてみましょう!

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。