ネクタイは長年の着用により色素が傷みやすく色褪せたり滲んでしまったりする事が多いです

シルクの場合には色の定着率が化学繊維よりも低いですので製品化されてからでも色が滲んで出てきてしまう事も多いのです

はい、色柄物のシルク素材のネクタイは色がよく滲みやすく漂白作用にはかなり弱いので間違っても漂白剤は使用しない様に致しましょう。

漂白剤のアルカリ力によって弱っている色は一気に動いてしまい色の滲みや色抜けが発生致します。

特に製造されてから時間が経っているお品物や洗濯頻度が低く殆ど洗った事が無い様なシルク製品の場合にはネクタイに限らず同じ様な症状が出る事が多いのです。

おはようございますオノウエです。

もしも色が滲んだり無くなってしまった時には染み抜きや色修正の技術があるクリーニング屋さんに相談致しましょう!

 

濃色や色柄物のシルクのお洋服には水分が付いてしまう様な状況は出来るだけ避けて着用致しましょう

ほんの少しの水分でもシルクの生地が濡れた状態で長く続いている場合には、それだけ傷んでいる色の部分から徐々に色が流れ出して他の部分に色が滲んで移動してしまうリスクがあります。

雨の日の外出中にもしも雨に濡れてしまった場合には出来るだけ早めに乾かして、お洗濯時に水に長時間漬け込んだままで放置してしまったりしない様に気を付けましょう。

もしもシルクのネクタイにシミや色の滲みや色抜けを発見した場合には出来るだけ何も触らずに!

今回の様な出来事が起こってしまった時には是非ともご相談下さいね。

ではでは~。

「色が他の部分に移ってしまった場合のお洋服の染み抜きお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。