匂いや汚れが気になったらクリーニング屋さんでドライクリーニングや水洗いをしてもらいましょう

ローテーションが効く場合にはそれでも良いのですがヘビロテで着用しておりますとそで口や襟元がファンデーションや皮脂汚れで汚れてきますのでそうなってしまったら洗い時です

はい、着用回数が多くなりますと汚れやすいのが襟元と袖口ですが、その他にもう一つよく汚れてしまう個所があるのですがそれがポケット口です。

ポケット口周辺は手の皮脂汚れは勿論の事、それ以外にも手に付いていた汚れそのものが付いてしまう場合も多く特に食べこぼしの汚れも多く付きやすい箇所です。

今回の事例ではオレンジ色の何か分からないシミが数か所付着しておりました。

おはようございますオノウエです。

手の汚れが付いてしまいやすい個所は殆どの場合がこのポケット周辺の部分ですので、もしも汚れやシミを発見した場合にはシミの色(色素)が生地に定着してしまう前にクリーニング屋さんの特殊染み抜きで取り除きましょう。

 

皮脂汚れは時間が経つと取れにくくなりますので使用頻度に関係なく汚れやシミが付いてしまった場合には出来るだけ早めにお洗濯致しましょう

ダウンジャケットのお洗濯ですが使用時には毎日の様に着用しているアウターですので、洗うタイミングが良く分からずに汚れたままズルズルと時間が過ぎてしまうと言う時もあると思います。

シミや汚れが気になる場合や又突発的に食べこぼしやジュース等が付着してしまった場合には、シーズン中でも中間洗いで汚れを落とす事で生地の痛みや色(色素)の痛みを防ぐ事が出来ます。

ダウンジャケットのクリーニングタイミングの目安ですが、最低1年に1回はシーズンオフ時に出来ればクリーニング屋さんの特殊水洗いで洗う様に致しましょう。

シーズン始まりの着用時使う直前まで洗わないと言う事は、1年間かけてダウンが傷みますので変色や虫害を受けてしまう事もあり得ますから着る前に洗うのではなく着たら洗うを心掛けましょう。

今回お預かりのダウン製品のポケット回りも綺麗にシミを取り除く事が出来ました。

当然シーズンの終わりにはお洗濯するのが望ましいですので、今の時期から殆ど着用しないと思われるダウン製品は信用の出来るクリーニング屋さんに早めにお願い致しましょう♪

大切なブランドダウン製品もお受けする事は可能ですのでシッカリと早めのメンテナンスを致しましょう♪

ではでは~。

「ダウン製品のクリーニングとしみ抜きのご依頼はコチラまで」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。