シミが取れない状態で何回も洗っているとかなり取れにくい頑固なシミに変化して仕舞います

お家でお洗濯を何回もしてもクリーニングに何回も出しても取れない頑固なシミ

はい、特にインクの様なシミは完全に取り除いていない状態で、何回もお洗濯を重ねますと完全にシミが生地に定着してします。

そうなってしまいますと何をしてもかなり取れにくい頑固なシミに変化して仕舞います。

おはようございますオノウエです。

でも特殊シミ抜きを行えば取り除ける事が多くありますので、その時にはシミ抜きの出来るクリーニングに相談致しましょう。

 

諦めてしまいがちな高価なお洋服やデリケート素材のお洋服でも染み抜きは可能です

既にダメージが発生して生地が擦り切れてしまっている様なお洋服の場合には難しいですが、生地がまだダメージを帯びていない状態なら取り除く事が出来る場合があります。

古いシミや既にクリーニング屋さんの染み抜きで取れないシミでも取り除ける場合も多々あるんですね。

特にデザイン性の高いお洋服の場合にはクリーニング屋さんで断られてしまう場合も多く有ります。

そんな時でも綺麗にシミを取り除く事が出来る場合もあるのでお問い合わせ下さいませ。

お洗濯でで取り除けなかった頑固なシミは、それ以上は何も触らずに染み抜きの実績のあるクリーニングの染み抜きのプロにおまかせ下さいませ。

ではでは〜。

【全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す