袖口の洗っても取れない黄ばみはスレ等のダメージにより生地繊維の奥深くに浸透しています

生地繊維の奥深くに浸透している変色ですので無理にお洗濯時に擦ったりしない様に致しましょう

はい、白いお洋服が黄色くなってしまう原因は食べこぼしや汗の成分の残留により変化したものです。

特に汚れやすいのが身体に直接接触する部分である襟元と袖口です。

その部分には他の部分よりも皮脂汚れが付きやすいので洗う時にもひと手間掛けて、中性洗剤を付けてから歯ブラシ等で擦らずにトントンと叩いて洗剤を汚れの部分に浸透させてから洗うと取れやすいです。

おはようございますオノウエです。

汚れが酷くなり黄ばみが発生しやすい部分が分かっていますので、その部分だけひと手間掛けてからお洗濯する事で後々の変化をある程度抑える事が出来るんですね~。

 

泥汚れの付いた靴下やユニフォームの黒い汚れは煤等の汚れで水にも油にも溶けませので「ブラシで擦る」物理的な力が最も有効な方法です

お洋服の用途や生地によっては、「ブラシで擦る」等の物理的な力を与えて取り除く事は昔から洗濯板と言うものもあるぐらいですから有効です。

ですが勿論その場合にはスポーツ用品等の物理的な負担に強いお洋服に限ります。

普段着やおしゃれ着には生地に使用されている繊維も細く傷みやすいのでこの方法は向いていないんですね。

なのでデリケートなお洋服でその様な「力任せに擦る」事をして洗ってしまいますと、生地の目寄れや糸の切断や色抜け等の弊害が起こりやすいのです。

因みに黄色くなってしまったお洋服の生地に付いている黄色い色素は既にシミではなく変色になっている可能性が高いです。

なので取り除く為には「部分漂白」などの処理が必要になり時間が経てば経つほど手間がかかってしまう状態になります。

もしもそんな時にはお声掛け下さいね♪

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも配送のしみ抜きクリーニングのご要望はこちらから】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。