学生セーター袖口に黒ずみが発生して諦めていませんか?それ取り除く事が出来るかも知れませんよ

かなりの頻度で着用するお洋服の場合にはお肌が直接触れる袖口には汚れが発生しやすく黒ずんでくる可能性が高いのです

はい、特に淡色系の白いお洋服の場合にはスレ等による物理的ダメージもあり、弱った生地の繊維の隙間に皮脂汚れが浸透して非常に取り除きにくい黒ずみが発生します。

因みに黒ずみの正体は水にも油にも溶けない煤やカーボンであり、それが生地に起こったダメージや汚れと共に繊維の奥深くに入り込んで取れにくくなります。

おはようございますオノウエです。

そんな黒ずみは水に溶けないので洗剤や漂白剤の効果も薄く油にも溶けないのでドライクリーニングでも落ちにくいのです。

ではどうするかと言いますと、クリーニング屋さんにあります染み抜き機械を使って超音波やジェット水流などの力で生地の繊維から引きはがして取り除く方法になるんですね。

 

煤やカーボン以外にも皮脂汚れが時間と共に変色して黄ばみになってしまう事もありますのでその時には部分漂白処理が必要になる事もあります

その時には今回は白いセーターなので問題はありませんが、色柄物の場合には生地の色(色素)にもダメージが発生致します。

その時には洗浄した拍子に色が抜けてしまったり色が変色してしまう事もあるのです。

そんな時には抜けてしまった色を取り除く「色修正(染色補正)」がおすすめです。

お洋服の中でも袖口は一番最初に汚れが蓄積されやすい場所でもあります。

もしも黒っぽくなってしまった場合には無理して生地を傷めてしまう前に是非ともご相談下さいませ。

ではでは~。

「気になるお洋服の袖口黒ズミを取り除く時にはこちらまでご連絡くださいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。