ベージュのコートに付いているかなり古いシミを何とかして欲しいとのご依頼を頂きました

長期間保管していたベージュのコートによくある赤っぽいかなり古いシミは時間を掛けて浮き出てきたかなり取りにくいシミです

はい、クローゼットの中にかなり長い間その状態を確認する事も無く、そのままにしてしまっているお洋服には一度でも着用した場合には何らかのシミが浮き上がっている可能性が非常に高いです。

しかも殆どの場合はそのシミを取り除いたとしても、シミの下にある生地の色(色素)が破壊されてしまっている場合が多くシミを取り除いても色が抜けてしまっている事が多くあります。

おはようございますオノウエです。

特に淡色系のベージュ等の色は非常に染色が弱く擦れ等の物理的なダメージや漂泊作用等の科学的なダメージでも色が抜けてしまう事が多々あるんですね。

 

もしも淡色系の生地の色(色素)が擦れ等の物理的なダメージや漂泊作用等の科学的なダメージでも色が抜けてしまってもある程度までは直せる方法があります

今回の事例では、かなり頑固なシミを取り除いてもシミのダメージにより生地の色が抜けてしまっておりましたので特殊技術である「特殊部分色修正」を施しました。

特殊技術である「特殊部分色修正」では色が無くなったり薄くなってしまった色を、その部分だけピンポイントに色を生地に入れ直す特殊技術です。

「特殊染み抜き」+「特殊部分色修正」を行い今回のかなり頑固なシミも取り除いてお直しする事が出来ました。

もしもクローゼットの奥深くに状態を確認出来ていないお洋服があれば、今後着用するかどうかを選択してもし今後も着用する予定があれば是非ともお声かけ下さいませ。

諦めなくてもまた着用出来るようになるかも知れませんよ♪

ではでは~。

【しみ抜きの出来るクリーニング屋さんがお近くに無い場合のご相談はコチラ】

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。