洗っているのに取れない様な黄ばみは既にシミでは無くなっているかも知れませんよ

既にシミでは無くなってしまっている変色は色(色素)の変化ですので取り除くには漂白を行う事が必須になります

はい、毎日洗っているお洋服なのに襟元や袖口に加えてシミが着いた様に部分的に段々と生地が黄色くいなってしまったという経験はございませんか?

実はそれ何もない部分から急に黄色いシミが出てきた訳ではなく、元々から目には見えなくても何かタンパク質の成分が付いていた可能性があるんですね。

おはようございますオノウエです。

そして時間が経って浮き出てきた様なシミは簡単には落ちない頑固なシミですので洗っても取り切れないんですね~。

 

色がお洋服に定着してしまっている場合には「酸素系漂白」を行わないと取れない場合が多いです

漂白と言っても色んな種類がありますが、ここで言うお洋服に使用する漂白剤は「酸素系漂白」と言いまして市販されている色柄物のお洋服にも使用出来る比較的にマイルドな漂白剤です。

漂白剤には主に3種類あり「酸素系漂白剤」と「塩素系漂白剤」と「還元系漂白剤」があります。

お洋服に使用するのは主に「酸素系漂白剤」であり「塩素系漂白剤」は効果が強過ぎるのでタオルや雑巾には使えますがお洋服に使用するのには向いていません。

「還元系漂白剤」は錆び取りに使用する事が出来るのですが色を変色させてしまうので色柄物のお品物には使用出来ません。

ですが「塩素系漂白剤」を使用して変色してしまった場合には変色戻しとして使用する事も出来ます。

「塩素系漂白剤」や「還元系漂白剤」は生地や色を痛めてしまう事が多いので、お洋服に使用する場合には「酸素系漂白剤」を使用する様に致しましょう。

 

お家でのお洗濯の場合には洗う前の油性汚れ落としのピンポイント処理はある程度は可能ですが、残った黄ばみに対しての部分的な漂白を行う事はかなり難しいです。

もしもご自宅で自分で漂白する事に抵抗がある場合には、行きつけの染み抜きが出来るクリーニング屋さんに相談して下さいませ。

生地や色を痛めてしまってからですとお直しする事が可能な場合もありますが、金額や日数が非常に掛かってしまう場合が殆どになりますので一か八かのチャレンジと感じた場合にはしない様に致しましょう。

ではでは〜。

「襟の黄ばみがお家でのお洗濯で取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。