又部分が黄色くなっている場合には既にシミではなく部分的な色変化を起こしている可能性があります

お洋服の連続使用は汚れやシミが引き起こす生地の変色をより促進してしまいますので短期間サイクルで定期的にメンテナンス致しましょう

はい、着用回数が多いお洋服の場合には特に毎日着用しておりますと一番負担の掛かってしまう生地の部位からダメージが目に見えて顕著に表れてきます。

その負担の掛かる部分とは関節のある曲げ伸ばしを行う部分であったり、汗や皮脂汚れの付きやすいお肌が直接触れる部分だったり致します。

おはようございますオノウエです。

特に汗や皮脂汚れは長時間お洋服の生地に付着した状態で着用や放置してしまいますと生地の繊維を痩せさせたり色(色素)を破壊したり致しますので早めのメンテナンスが必要なのです。

 

ジャケットなら襟裏や脇部分にパンツなら膝裏やポケット回りや裾等に生地のダメージによる擦れや汗による変化が見える様になって出てきます

その状況を回避するには連続使用せずにメンテナンス期間を作り使用頻度を抑える事が有効です。

まる一日着用したお洋服は一日休ませるだけでも生地の毛が立ちが収まり湿気も抜けてダメージを引きずらないので比較的に長持ちさせる事が出来ます。

今回の事例の様に既に黄色く変色してしまった場合には、「特殊部分染み抜き」や「特殊色修正(染色補正)」と言う技術が有効になります。

もしも取れないシミや色抜けが発生しても治せる可能性がありますんのでその時にはご相談くださいませ。

ではでは~。

【染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。