ペンキやポスターカラーやインクや接着剤等が付いてしまった場合には触らない方が無難です

接着剤等の固まる系のシミは無理に折り曲げたり致しますと生地にダメージが発生してしまいます

はい、ペンキや接着剤等の場合に特に注意しなければならないのは、取り除こうとして生地を折り曲げたりしてしまう事です。

生地に浸透してしまった固まる系のシミは繊維の一本一本に浸透してしまってから固まっている場合が多く、繊維が硬い状態で折り曲げてしまいますと生地の繊維も折れ曲がります。

おはようございますオノウエです。

その状態でペンキや接着剤等のシミを取り除きますとシミは取り除けたのに、折り曲げる事で既に繊維が切れてしまっており生地に穴が開いてしまっているという事もあり得るんですね~。

 

学生服やユニフォームは丈夫とはいえ無理な応急処置は生地を傷めたり色抜けも誘発致しますので気を付けましょう

学生服やユニフォームは長期間使用するのを想定しておりますので、物理的なダメージにもかなり耐久性があり尚且つ汚れやシミが多少ついていても取り除き易く生地が痛みにくいのも特徴です。

ですが、洗濯頻度が少ない為にお洋服の生地に汗や皮脂汚れが蓄積しやすく臭いの原因になる事もありますので、定期的に汗や皮脂汚れに有効なダブルクリーニング(ドライクリーニング+ウエットクリーニング)を行って色んな複合汚れを取り除きましょう。

長期間洗わずに使用しておりますと色(色素)もダメージが発生してしまい劣化して剥げてしまい白っぽくなってしまう事もあります。

学生服はちゃんとケアしてしみ抜きをすればかなり綺麗になる可能性が非常に高いですので、まだまだ次の世代まで着用出来るかも知れませんのでメンテナンスはシッカリと諦めないで行いましょう♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す