他の生地よりも出っ張っている刺繍部分は擦れ等が発生しやすく色が傷により抜けてしまいます

濃い色の刺繍部分は色(色素)が変色しやすく目立つ事が多いので色が抜けてしまい目立ってしまう事があります

はい、プリントや刺繍や皮革などの異素材が部分的に使用されているお洋服の場合には、やはりどうしても色の濃い部分から色移りや色抜けや変色が発生しやすいんですね。

そして殆どの場合にはそのまま諦められてしまい廃棄される事も多いのです。

ですが無くなってしまった色を再び元の状態に戻す技術がありまして、その特殊技術の事を「色修正(染色補正)」と言います。

おはようございますオノウエです。

もしも色(色素)が無くなってしまってもこの特殊技術を行えば完全にとはいきませんが着用出来るレベルまでお直しする事が可能かも知れないんですね~。

 

直す為には生地の部分的に無くなってしまった色(色素)を再び足す事によって綺麗にする「色修正(染色補正)」が有効です

元々はお着物の修正に用いる特殊技術なのですがこの様な技術をお洋服にも応用出来るという事はまだまだ知られておりません。

この情報をしっていれば泣く泣く捨ててしまったお洋服も実はまだまだ着用出来たのかも知れませんので覚えておいて下さいませ。

と言う訳で、今回の色抜けも「色修正(染色補正)」と言う特殊技術によって綺麗に修復する事が出来ました。

スレ等の物理的なダメージ以外にも汗による退色や、太陽の紫外線や暖房器具による燃焼ガスが影響した変色もお直しする事が可能かも知れませんのでどうぞご相談下さいませ。

ではでは~。

【染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す