お洋服に付いた黒い点には漂白は効き目がありませんよ

 

最近多い黒い点のシミ

はい、最近多いのがお洋服に付いた『小さな黒い点のシミ』を、お家でで取ろうとして漂白剤を部分的に使用して、色が抜けてしまうと言う事例が多発しています。

ほんの数年前なら、そういう場合にはクリーニング屋にお持ち頂いてましたので、問題なく落とす事が出来ていたのです。

それに、ご自分で取ろうとする方も、今現在より少なかったと思います。

 

しかし、近年はインターネットが発達し情報が沢山ありますので、今では全く状況が違いますね。

 

今では、ほとんどの方がネットで検索して、自己処理してからお持ちになられます。

ですので、持ちこんで頂いた時には、すでに色が無くなっている事が多くあります。

もちろん、淡色系のお洋服に付いた黒い点のシミは、とても目立ちますので、一刻も早くシミを取りたいと、誰もが思うと思いますのでそれは仕方ありません。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
実はコレ、黒い点の正体のほとんどは、色素では有りません。

ですので、色素に効く漂白剤では、効き目がないんですね。

 

 

 

黒い点のシミは漂白では落とせません

ええ、泥や墨や花粉と同じく、ススも不溶性のシミです、特に黒っぽいシミはカーボン系(墨やスス等)のシミの場合が多く、色素では無く固形物質なので、漂白しても取れないんですね。

 

ボールペンのインクの場合でも、ゲルインクは同じような物で中々取れません。

 

基本的には少しでも触ってみて、シミが落ちないのなら、もうアレコレ触らずにクリーニング屋へ、シミ抜きの相談をされた方が良いでしょう。

 

後は友達に、『シミ抜きの出来る』、『シミを良く落としてくれる』そんな、クリーニング屋を聞いてから、そこに持って行きましょう♪

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。